BEAR DOWN! Chicago Bears

NFLシカゴベアーズを応援するブログサイトです。

OTAでの評価

先日2週間にわたるOTAが終了し、スミスHCの談話もchicagobears.comに載っていた。各ポジションで彼が出した名前を一部振り返っていきたい。

OTAはパッドをつけていないこともあり、どうしてもDL、OLの評価は難しいため、スキルポジションが中心ではあるが、彼が出した名前の中で特に気になるのは以下の通り。

WRベネット
2年目でだいぶプレーブックが染みついてきたとともに、大学でのチームメイトQBであるカトラーが入ったことも重なり、非常にいい動きを見せていると評価している。現状へスターに並び先発陣と練習をこなしている。

RBジョーンズ
昨年はほとんど怪我からの回復に時間を費やしていたKJ。OTAではフォーテイが軽いけがをしたために先発陣と練習を重ねた。動きも軽快で、ポテンシャルを十分に発揮できる状態に持ってきているようだ。昨年はフォーテイを使いすぎという批判もあったので、今年はKJの出番が増えるとともに、数字も挙げてくれることだろう。

TEオールセン
フィールド外でもカトラーとの仲がいいオールセン。今年はカトラーとのラインが大爆発しそうだ。Fantasy Footballでも恐らく彼の株は上昇を見せることだろう。昨年もその才能を垣間見せたが、今年はさらなる飛躍が待っていそうだ。

LBウィリアムス
インターセプトの数がLB陣の中で突出していたウィリアムス。LB陣はPisaの加入で競争が激しくなり、いい傾向を見せている。彼が2nd Stringにいるとなると非常に頼もしい限りだ。

LBティノイサモア
インタビューでは非常にソフトな感じなPisa。いかにもハワイ出身といった優しい感じがにじみ出ている。その彼もOTAを通じてチームになじんできているようだ。彼が先発組でやるのも時間の問題だと思う。

Sステルツ
とにかく頭数だけは多いSafety陣において、昨年ルーキーだったステルツは順調な成長を遂げているようだ。グレアムがSafety、Nickelのポジションをぐるぐる回っているようだが、ステルツが順調に先発になればグレアムはSafetyに用無しかも。個人的には期待はしてるけど。ステルツは長い金髪をなびかせていて見た目もフレッシュでいい感じだ。

CBボウマン
あんまり期待していなかったボウマンだが、OTAでは10INTを記録したというような話。ティルマンが療養中なため、出番も多くなっている彼だが、彼の活躍はサプライズだ。

***

私個人としてSafetyに関する不安は変わらないが、それでも今いる選手たちで非常に層が厚くなっている感じが伝わってくる。ベテラン組のアーラッカーやティルマンにフィジカル面で若干の不安がありそうだが、そこはベテラン。シーズン前に調子を合せてくるだろうと思われる。


ロイド、オートンと再会へ

MBの行き先が決まってないのに、意外な元熊選手が契約を手にした。

昨年キラッと一瞬光を放ったものの、怪我からの回復の遅れで再契約のなかったWRブランドン・ロイドだ。

しかも行先はオートンが先発を務めることになったブロンコス。現在のところ契約の詳細は不明だが、一瞬とはいえ光を放ったこのホットラインが復活することになるかもしれない。

現在デンバーのWRブランドン・マーシャルがチームの活動に参加せず、トレードを要求しているのではという噂も聞こえてきている。マーシャル放出の準備も兼ねた契約とも取れなくない。

とはいえマーシャルとロイドじゃちょっとつり合いが取れんという話ではあるわけだが。

***

マーシャルに関してはチーム側が彼の素行についてやはり気になる点があるということで、長期契約を彼に差し出す用意はなさそうらしい。他のチームもそれは大なり小なり同じであるわけだが、ベアーズがこのマーシャルに手を出すのかどうか。

とにかくシカゴメディアはPlax、あるいはマーシャルを獲れと連日うるさい。カトラー獲得したんだからレシーバー陣の数字も勝手に上がろうが、と思ってしまうのだが。

元々カトラートレードにも反対してた自分だが、この二人の獲得にも反対。WRぐらい生え抜きでもよかろうよ、ということだ。まして半分犯罪者みたいな連中を連れてきてまでSuper Bowl行かなくてもよい。

そもそも彼らが入ることで今年期待している長身のリデュー、あるいは下位ドラフトのノックスらのチャンスが減ってしまう可能性があり、それはどうかなと思ってしまう。

***

話がポンポン飛んでるが、ノックスはスピードがある上にソフトハンドの評価もあり、イグレシアスより活躍しちゃうんじゃない?という見方もあるようだ。小さい大学だったためにドラフトでの評価は控えめだったが、おいしい選手を拾った感がある。7巡目のKinderに関しても結構評価が高く、WR陣は今年プロボウルQBの獲得もあり、爆発する予感もある。

カイル君、天晴れ!

デンバーブロンコスの先発QBが決定されたとの報道がありました。カトラー移籍のあおりをうけ、トレード要員としてドラ1ピックx2とともにベアーズから放出されたオートンでしたが、クリス・シムズとの競争に勝ち、マクダニエルズHCから先発を言い渡されています。

いやー、よかった。カトラートレードの前は今年のオートンの活躍に期待してたけど、チームが変わった今でもその気持は一緒です。非常にいい人格しているし、頑張ってほしいものです。

デンバーに移ってからヒゲもずっと剃ってるみたいで、良い感じです。とにかく努力家で練習場を出るのもいつも最後という話を聞きますし、そういう態度で仕事に臨むというのは非常に大切なことです。デンバーの選手たちの信頼も勝ち取れることでしょう。後は結果を残すことが重要になります。

ブロンコスはチームそのものの成績はディフェンス次第というところもありますし、当然オフェンスも機能しないとだめなわけですが、いずれにせよオートンだけは応援してます。

元熊のQB達にはいい週末になりました。

レックスHOUへ

こりゃもうUFL行きだなと思い始めたグロスマンですが、ベテラン最低金額の$745K 620K、一年でテキサンズと契約する模様。

すでにテキサンズにはマット・ショーブという先発QBがいるので、前ライオンズのオーロフスキーと2番手争いの模様。

昨年は先発争いだったレックスだが、今年は2番手すら保証されていない落ちぶれっぷり。とはいえNFLに残れただけでも良しとするしかないだろう。

一番乗り!

3巡目ピックのDTギルバート、WRイグレシアスがともに4年契約で合意。9人のドラフトクラスの契約が早くも完了。NFL最速でルーキーたちとの契約を終えた。

この時点でベテランにも契約に不満を持っている選手もおらず、契約関連はすべて片付いた状態。ベアーズ契約交渉者クリフ・スタインの見事な仕事っぷりである。

この時点で256人のドラフト選手で契約しているのはNFL全体で30数人。カトラートレードの影響などから1巡目、2巡目のピックがなかったことも助けたことは事実だが、それにしてもベアーズの契約関連の仕事の速さがわかる。

今年はルーキーでホールドアウトしている選手もいるときいていないので、どこのチームも苦労しそうな感じはないが、キャンプ前にこの話をすっきりさせることができたのはやはりチームにとっても大きい。

カトラーが入って今年は内外の期待は大きい。選手たち自身も大きな目標に向けていい雰囲気でやっているように見えるし、モチベーションも上がっているようだ。

LTDのつぶやき
ようこそBDCB!へ。




にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ

2017スケジュール
成績 3勝7敗
Wk1 vs.ATL L 17-23
Wk2 @TB L 7-29
Wk3 vs.PIT W 23-17
Wk4 @GB L 14-35
Wk5 vs.MIN L 17-20
Wk6 @BAL W 23-20
Wk7 vs.CAR W 17-3
Wk8 @NO L 12-20
Wk9 Bye
Wk10 vs.GB L 16-23
Wk11 vs.DET L 24-27
Wk12 11/27 3:00 @PHI
Wk13 12/04 3:00 vs.SF
Wk14 12/11 3:00 @CIN
Wk15 12/17 6:30 @DET
Wk16 12/25 3:00 vs.CLE
Wk17 01/01 3:00 @MIN
ファンブログRSS
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
Bears Fight Song

Fight Song Lyrics
Bear Down, Chicago Bears
Make every play
clear the way to victory
Bear Down, Chicago Bears
Put up a fight with a might
so fearlessly
We'll never forget the way
you thrilled the nation
With your T-formation
Bear Down, Chicago Bears
and let them know
why you're wearing the crown
You are the pride
and joy of Illinois
Chicago Bears, Bear Down!
記事検索