BEAR DOWN! Chicago Bears

NFLシカゴベアーズを応援するブログサイトです。

ルーキー+イドニジェ契約

9人いるルーキーのうち、7人のルーキーと一気に契約完了。すべて4年契約を結んだ。

これで3巡目で契約したギルバートとイグレシアスを残すのみ。とはいえ3巡目にそれほど苦労するとも思えないので、ベアーズはさっさと契約は片づけてしまいそうだ。

それから、今年が契約最終年だったDTイドニジェだが、こちらは契約を延長。先発ではないDTとしては最高の金額だということ。サイニングボーナス2M、2010年、2011年でそれぞれ2.5Mずつで計7Mという内訳。

イドニジェは2nd Stringとはいえ、非常に存在感を見せつけている選手。この辺の評価は妥当と言えるし、20Mの空きがあるならやはり報いるべき選手と言える。

オグンリエも今年が最終年だが、おそらく彼に対して報いることはないのではと考えられる。シーズン半ばでの活躍次第で契約延長は十分考えられるが、若手が育ってくるとそのまま契約しないという可能性もありそう。何分老いも感じられるので、微妙なところだ。その辺は本人も十分認識しているし、今年やらなきゃいけないという使命感はあるはずだ。

悲しい現実とUFL

ドラフトも終わってしまい、FAでの動きもシケた感じでNFLファンには暇な時期になってきた。面白い話題といえばボールディンが契約問題で騒いでるとかぐらい。ちなみに彼、エージェントのローゼンハウスはクビにしちゃいました。

さて、そのローゼンハウスをエージェントに雇ってる元クマがいます。すでにオートンも去り、カトラーが来たことでファンの間で8番のジャージはゴミと化していそうな感もあるグロスマンがその人。

当初はドラフト前にどこかのチームと契約しているだろうなんてローゼンハウスは言ってたけど、ベンガルズを訪問した後は全く音沙汰なし。一応SB行ったQBだけど、哀れとも言える状態。

まあ肩はあるけど背も小さいし、ポケットもうまく使えないし、ということで、魅力がないのかねぇ。個人的にはどこかのチームで2、3番手でもやれないもんかと思うんだけど、まあ昨年バックアップに回った後、出番があった時にも存在感をイマイチ示せなかったことも要因としてあるのかも。

この感じだとどこかの先発QBがIRにでも入らない限り、NFLでの仕事はなさげ。

で、今年からUnited Football League、UFLというのが始まるらしく、NFLに残れなかった連中はこちらでやる可能性が出てきている。

NFL、UFLのどちらもUFLはNFLの下部リーグ的な存在になるだろうと認めているらしく、NFL Europeが無くなったことを考えると、面白いリーグができたもんだと思ってます。

グロスマンもUFL入りがささやかれ始めていて、そこで活躍して再度NFLへという道筋を作りたいと考え始めたとしてもおかしくはないでしょう。

さて、せっかくなのでそのUFLについて少し触れてみる。

現在4チームが2009年の参加が決定している。それぞれラスベガス、ニューヨーク、オーランド、サンフランシスコ。で、HCがそれぞれジム・ファッセル(元ジャイアンツHC)、テッド・コットレル、ジム・ハスレット(元セインツ、ラムズHC)、デニス・グリーン(元ヴァイキングス、カーディナルスHC)というそうそうたる面々だ。

今年のスケジュールは下記のようになっている。UFLのサイトからコピペしました。

July 2009 - Player signings
Mid-July - Team names announced and uniforms unveiled
September 1, 2009 – Training Camp Begins in Casa Grande, Arizona and Vero Beach, Florida
Early September - Team logos revealed
October 2009 –  UFL "Premiere" Season Begins
November 19, 2009 – UFL "Premiere" Regular Season Concludes
Thanksgiving Weekend 2009 – Championship Game in Las Vegas

4チームで6週ぐらいリーグ戦やって多分上位2チームが感謝祭の時にチャンピオンシップという感じのスケジュールだと思う。

ここで活躍していればNFLでけが人が出てくる終盤に引っ張られるというケースも出てくるかもしれない。

とにかく7月に選手との契約ということなので、NFLのロスターから漏れた連中が続々サインするに違いない。日本人もここからというケースが出てくるかもね。どんな名前が見れるのか楽しみです。

 

13番と17番

ベアーズのサイトでOTAの映像を見てみた。内容はカトラーがレシーバー陣に投げているもので、非常に短いものだったが、WR陣を垣間見ることができた。

まずヘスター、ベネット、フォーテイが何回か登場していたが、それ以外で目立って数回登場していたのが背番号13番と17番、つまりルーキーWRイグレシアスとノックスだ。(デイヴィスも1回登場)

ノックスは小さい大学からということで下位ピックではあったものの、もしかしたら1年目から活躍できる選手になる可能性も秘めているかもしれない。スピードだけではなく、ソフトハンドを持っていると評判も高い。

イグレシアスは元々3巡目ピックであることから期待も高いが、いずれにせよこの2人の登場する機会があるということは非常にファンとしては楽しみだ。記事で書かれているような活躍ができれば、今年のレシーバー陣はカトラーと共に大爆発すること間違いなしだ。

話は変わるがchicagobears.comライターのLarry MayerはOTAの中でLBジャマー・ウィリアムスの動きが良かったとレポートしている。今年が最後の契約年なので、気合いが入っていることは間違いない。とはいえ先発争いに加われるのかは微妙なのだろうか。Outsideはこなせるようなので、SLBの先発争いに加わってもよさそうなものだが。

SLBといえば先日来てたティノイサモアはどうしたんだろ。

ちなみにCardsをキャップ理由で解雇されたCBロッド・フードも先日ハラス・ホールを訪れ、契約の噂がされてます。

ベアーズは現時点で20ミリオン以上キャップの空きがあるようで、ティノイサモアもフードも、キャップの空きを考えたら特に問題なく契約できる選手達です。

とはいえ彼らも引き合いは少なくないだろうから、契約内容と先発の競争に加われるチームとの契約を望んでいるとは思いますが。

それにしてもこの戦力でここまでキャップに空きを作ってるアンジェロの手腕は大したもんです。

"冷蔵庫"ペリー退院

ギラン・バレー症候群を患わっていて一時容体が悪化したウィリアムス"the refrigerator"ペリーだったが、容体が良くなり退院した模様。

かつてのスーパースターが難病に苦しんでいるのはつらいことだが、ひとまず退院したということで非常にいいニュースだ。

競争とトランジション

OTAが開始して、色々と競争やら各ポジションのプランが徐々に見えてきた。いくつかの注目すべき動きを見てみたい。

SLB先発争い
現時点でローチ対ヒレンマイヤーになっているSLBのポジションに、ラムズからFAになっているピーソ・ティノイサモアが加わる可能性が出てきた。SLBに関しては若干気になっていたポジションであっただけに、この獲得が実現すれば非常に層が厚くなりそう。ヒレンマイヤー解雇を予想したけど、本当に実現しちゃうかも。

グレアムFSへ?
CBコーリィ・グレアムがFSへの移動をしている最中とのこと。この動きはヴァッシャー+D.J.ムーアに対する首脳陣の自信だとchicagobears.comでは評価しているが、いずれにせよスキルセットを持っているグレアムがFSをこなせば、Safetyのポジションの層は厚くなるので、こちらも動きとしては歓迎したいところ。

リデュー先発組で練習
WRブランドン・リデューが先発組で練習した模様。まだ早急かもしれないが、彼は今年はロスター入りできそうな感じだ。ヤードは稼げないかもしれないが、エンドゾーンでのTDは取って行けそうな予感。
LTDのつぶやき
ようこそBDCB!へ。




にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ

2017スケジュール
成績 3勝7敗
Wk1 vs.ATL L 17-23
Wk2 @TB L 7-29
Wk3 vs.PIT W 23-17
Wk4 @GB L 14-35
Wk5 vs.MIN L 17-20
Wk6 @BAL W 23-20
Wk7 vs.CAR W 17-3
Wk8 @NO L 12-20
Wk9 Bye
Wk10 vs.GB L 16-23
Wk11 vs.DET L 24-27
Wk12 11/27 3:00 @PHI
Wk13 12/04 3:00 vs.SF
Wk14 12/11 3:00 @CIN
Wk15 12/17 6:30 @DET
Wk16 12/25 3:00 vs.CLE
Wk17 01/01 3:00 @MIN
ファンブログRSS
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
Bears Fight Song

Fight Song Lyrics
Bear Down, Chicago Bears
Make every play
clear the way to victory
Bear Down, Chicago Bears
Put up a fight with a might
so fearlessly
We'll never forget the way
you thrilled the nation
With your T-formation
Bear Down, Chicago Bears
and let them know
why you're wearing the crown
You are the pride
and joy of Illinois
Chicago Bears, Bear Down!
記事検索