CHI 40-14 MIN

正直アウェーだし、結構厳しい試合になるかと思ってましたが、堂々たる試合振り。最初のドライブであっさり得点されたときには大丈夫か、と思いましたが、先週とは逆に3Phaseで圧倒できました。

そして何より

NFC北地区優勝!

これでスーパーボウル進出時以来のプレーオフ進出となりました。プレーオフ出場はNE、PITも決めたようですが、地区優勝一番乗りのおまけつき。かなーり先週のDETのおかげですよ、本当に。

さて、オフェンスの方から振り返ります。
  • カトラーはQBレイティング100越えで20勝0敗の成績。無敗記録を更新中。
  • カトラーにある程度フィールドを見る余裕が出来ている=パスプロがまともになってきている、ということ。正直NEのOLと比べたらまだまだだけど、成長過程にいるというのはプレーオフ以降も非常にプラス。
  • フォーテイは92ヤード獲得。パスキャッチもあったものの、6ヤードで残念ながらトータルヤードで100は超えず。
  • WR陣は合計3TDの大活躍。特にノックスへのロングボムにはさすがに吠えた。67ヤードのTDパスだったけど、恐らく50ヤード超のTDパスは今期初めてじゃないかな?
  • テイラーは古巣相手に頑張ってほしかったけど、存在感まるでなし。最近どうもイマイチ。
  • とにかく全体的に我慢のプレーコールという感じだったけど、ロングボムが決まったあたり、だいぶマーツオフェンスが選手たちに染み込んできた感じはある。
ディフェンス
  • 最初のドライブであっさりTDを許したので、こりゃこの試合も苦労するか、と思いきや、そこからターンオーバー祭り。攻撃陣がしっかり点を重ねたのも手伝って、安心してみていられる試合となりました。
  • まさかのファーブ先発でどうなるかと思ったが、ルーキーDEウットンがほぼ2倍の年齢のおじさんをぶっ倒し、試合からアウト。肩と同時に硬そうな地面にゴツンと落下。申し訳ないけどこれで心置きなく引退してください。
  • まさかのAD欠場でガーハートだけ気にしていればいい状態になり、これがさすがにプラスになった。これでも77ヤード走られているので、ガーハートをほめるべきか、ディフェンスをけなすべきか、、、。
  • 序盤でのメルトンのパスブレークアップがペッパーズのINTにつながり、これで流れが一気にベアーズへ。そこから得点してからはもう一方的な流れに。
  • 3rd&Shortの場面でSハリスがガーハートを止めたシーンがあったものの、全体的にはどうもハリスがパッとしない。Safetyのくせにタックルが甘すぎ。Hitmanとかニックネームつけてるんだから、もっときっちりヒットせい。さもなくば返上しろ。
  • 逆にルーキーSライトはハードヒッターぶりを見せ付けた。ハードヒットしすぎて怪我するあたり、ちょっとキャリアを考えたときに心配ではある。
  • サックは今日4つ。ロスも多く生み出したし、今日は合格点。ただハッチンソンが抜けたし、相手は大半ルーキーだったし、当然といえば当然の出来。ウットンのキャリア初サックがファーブ相手だったのは本人にとっては自慢話になりそう。
さて、スペシャルチームといえば、、、そうヘスターですよ。ついにリターンTDが14となり、NFLレコードを打ち立てました。取った瞬間にいけると思える感じでしたね。

記録を打ち立てたヘスターは試合後のプレスカンファレンスでコメント。記録を打ち立てたことに関してだいぶ感情がでてて、メディアの前でぐっときてた模様。彼の英語は聞き取りにくすぎて、何言ってるかはイマイチ分かりにくいのですが、最後に「これで終わりじゃない。これからいくつもあるよ」と宣言してました。そうこなくっちゃね。

とりあえず後2週残してプレーオフ進出となりましたが、記録は12勝4敗にのばしたいですね。ここまできたら地区対決全勝もしてもらいたいものです。GBはプレーオフがかかってくる可能性もあるので、かなり厳しい試合になるでしょうけど。

今後のことを考えると、恐らく先発組を休ませるという形は取らないでしょう。特にオフェンスはまだまだ改善の余地はあるし。ここまできたら第2シードはとっていきたいところなので、そういう面からもあと2試合手を抜くことは考えにくいです。

いずれにしても今年は少しシーズンを長く楽しめることになりました。熊さん達に感謝。ここからまた頼むよ〜。

Bear Down!