大成功の一日目に続き、2日目はどのポジション埋めるかと期待していた2巡目のピックは、、、
スティーヴン・パイア、DT、オレゴン州立大

1巡目の獲得が無かったことで正直獲得は無いだろうと諦めてましたが、まさかの大どんでん返し。徐々に下に落ちてきたところで、オースティンが取られるやいなやトレードアップの引き金をさっと引きました。とにかくピック数を増やしたいWASに4巡目を差し出してサクッとパイアをピック。流石にカリミがきて次にパイアは興奮を隠せません。カリミがいなかったら29番目でパイアも有り得たと思っているので、まさしく理想的な展開。生で追ってなかったので名前を見た時は取られたかと思ってたのですが、視線を左に移したら、Bearsの文字があってびっくり。

ちゅるさんところのモックでもパイアと予想してましたんで、位置が違いましたが、ある意味的中ということに。 正直言ってベンチプレスの記録はスタミナという点で興味あるのですが、それよりもトンガ出身でラグビーの経験もあり、しかしながらアメフトの経験はまだ長くなく、成長の余地があるのが魅力です。素人目ですが、体重のわりに体のバランスが非常によく見え、スタートダッシュが非常にいい印象。とにかくこいつはイケるという感じ満載です。3TとしてもNT使える点も非常に大きい。

まだパワーの使い方が粗い印象なので、これでマリネリさんにパワーを活かすための教えを請うて育てばプロボウラーだとまで思っております。ってもう妄想が止まらんw。

ちなみにオレゴン州立大のDCがマリネリさんと以前USCでコーチしていた仲という事で推薦もあったようです。 シニアボウルで怪我した事で評価が下がってしまったのがベアーズに転がりこんできた理由でもあるでしょう。本当にラッキー。


さて3巡目はDBだろうと思ってましたが、、、

クリス・コンティー、S、カリフォルニア大

というピック。こちらは巷では結構ノーマークに近い選手だったようです。他のチームのボードのどの辺にあったかわかりませんが、次に取ろうとしていたチームはあったようですけど。こちらもホークDBコーチつながりでのピック。珍しく白人です、といいつつ今いるSステルツも白人ですけど。なかなかふてぶてしい顔つきをしていて、意外とタフさを持ってきそうな感じです。CBからのコンバートでパッとしなかったCBに比べてSではいい感じだったとの事。

正直CBが良かったという気はしてるのですが、ボードの関係もあるし仕方ありませんね。セイフティーも重要なポジションですし、この位置で取った事で、UFAのマニングにいい牽制になりました。このピックを考慮すれば恐らくかなり高い確率で再契約は無いと見ていいでしょう。 2日目も大成功。残りはCBとLB辺りかな。明日で最後。Mr. Irrelevantも気になります。