ソルジャーフィールドの状態はよく、キャンセルされずに開催されました。
昨年は0-4でも結局シーズンはNFC北地区を制しましたので、勝利したという結果は気にしないでおきましょう。もとよりオフシーズンほとんどチームでの行動が少なかったことを考えれば、準備はまだまだの状態。

個人的に見えた心配事と収穫を。

まずは収穫の方から。

  • DTオコイェ。ハリソンカットの方向でお願いします。新しい91番は期待できそう。
  • RBの層。テイラー以外は普通に期待できそうです。まあ3番手級で魅せてたウンガは少し置いておいても、バーバー、ベル共に直進力は強い。ベルはキャッチング能力も見せてトータルヤード100ヤード越え。テイラーはシーズン開始頃にはカットの可能性がだんだん強くなってきました。
  • DTメルトン。特に最初のシリーズの突破力が目につきました。アダムスが怪我で出場しななかったということもありますが、先発として期待できそう。
  • スペシャルチーム。Pポドレシュを始め、一部STで入れ替わりがあったが、リターンも含め安定感は抜群。昨年はプレシーズンはズタズタだったけど、今年はプレシーズンから快調。
  • WRの層。サンゼンバッカーはそんなに見せ場はなかったけど、同じUDFAのクリス・アダムスが今日の最長ヤード獲得選手。ロスター選びは色々と迷いそう。
この時点では心配事が多いのは当たり前ですが、いくつか。
  • OL。まだにわか仕込みな感じが露呈。ただし今日の被サック9という数字はOLの責任というよりはQB、WRの方が大きい気はする。特にQBの二人ヘイニー、エンダーリ共に持ちすぎ。あるいはWRがオープンになれなかったか。いくつかオープンに慣れてた場面も紹介されていたので、QBを責めることにしたい。
  • DTパイア。期待が大きいだけに余りファクターになっていなかったのが心配。相手が3番手ぐらいのはずなので、もう少し暴れてほしかった。力強さが感じられなかったのは膝の影響?
  • バックアップQB。今日の試合を見ててマーツさんのヘイニーへの信頼感が低い理由が何となくわかった気がする。タイミングで合わせるよりもWRを見すぎてる傾向が強い。もちろん一緒にワークアウト出来てた時間も短かったからだろうが、マーツオフェンス2年目なんだしもう少しなんとかしてもらいたい。
いずれにしてもOLは今の5人で固定しそうです。前半はずっとやらせてたし、とにかく一緒にやる時間は多くとるでしょう。OLほど連携が重要なポジションはありませんので、一緒にやる時間がやはりキーになります。

昨年の先発が3人残っていますが、隣でやってる選手を考えるとLTウェブとLG C-Willは初。C-WillとCガルザも初。ガルザとRGルイスも初、ルイスとRTカリミも当然初。ということで、隣にいる選手みんな初めてプレーするわけです。それを考えると先発総入れ替えしたみたいなもんで、慣れるまでには時間がかかるでしょう。ただし個人個人を見れば悪くないように見えますし、TEのサポートがあればマーツオフェンスとして機能するまでにはいくでしょう。怪我なしでやっていけることが非常に重要です。