NFLファン大注目のティーボウ率いるDENとの対戦がやってまいりました。
もうね、勢いってのは大事なもんで、たった2週でここまで立場って変わるもんかと改めてNFLの怖さを実感。

こっちは2連敗で後がなしみたいな状況。CHIファンの気分はまさにこれ。



それに反してDENのまあ勢いの凄いこと。その対照的な雰囲気の2チームの対戦となります。

さて、とりあえずけが人振り返っておきましょう。例によってQuestionable以下は省略。

ベアーズ
QBジェイ・カトラー、Right Thumb、Out
RBマット・フォーテイ、Knee、Out
Sメイジャー・ライト、Shoulder、Out

カトラー、フォーテイはすでに分かっていますが、先日の試合で怪我したライトもアウト。ステルツが先発の模様。

ブロンコス
皆元気。

RBマゲイヒーも練習に復帰していてQuestionableで、Doubtful以上がいない元気なブロンコス。チームの勢いと比例してますなこりゃ。



さて、DEN。もちろんティーボウ効果というのはあるんでしょうけど、それ以上にディフェンスがチームを引っ張っています。そりゃジョン・フォックスがHCですからね、ディフェンスに力が入っているチームになっているとはいえ、今のこのDENのディフェンスはすごい。それを引っ張っているのがルーキーのOLBミラーです。先週休んで今週は出てきそうです。あと1週ぐらい休んでよw。

さて、ちょっと注目点をいくつか。


ベアーズオフェンスプレーコール

マーツさんはヘイニーの使い方に関して積極的に行く、と宣言しておりますが、パス偏重になるととらえるべきなのかどうか。個人的にはOLがうまくやってくれればバーバリアンとベルの2人で走れるとは思いますが、ここのところ明らかにランが出ていません。実は先発LGのC-WillがIRに入ってから数字が如実に下がっているんですよね。E-Willが代役としてそれなりにやってますが、ランが出ていないのはやはりパスオフェンスにも影響します。

こんな中でベアーズのプレーコールがどうなるのか。パス中心になってくるのかどうか。ゴリ押し系のランナー2人なので、併用でガツガツショートヤードを稼ぐというのが個人的な要望ですが。

マーツさんの気分次第か?


ベアーズOL+TE+FB vs. ブロンコスフロント7

全てはここがカギを握るでしょう。ランが出せるかどうか、そしてパスプロが効果的にできるかは大きな鍵。パスプロがまともでもヘイニーだと不安なので、できなかったら惨憺たる結果が待っているでしょう。背に腹変えてもプロテクションするぞ、っていう作戦でくると思うので、デイヴィス、スペース、クラッツがブロック、ブリッツピックをきっちりこなすことが重要です。


ヘイニー

いい意味でも悪い意味でも2連敗で期待値はぐっと下がりました。本人は逆に吹っ切れるんじゃないんでしょうか。ブレークするとしたらこの試合だろうと見ています。メディアもほとんど期待していないと思うので、フォーカスがずれてくれるのは経験の少ないQBにとって多少気持も楽になるはず。それに先発も3試合目でそろそろ試合勘も良くなってくるでしょう。

そして忘れてはいけないのが彼の通っていた大学です。ヘイニーはコロラド州立大出身ですのでコロラドは良く知っている土地です。敵地とはいえ大学時代を過ごした地での(大学自体はデンバーから北約100kmのフォートコリンズですけど)プレーはそれほどネガティブにならないのではと楽観視しています。


ティーボウ・ファクター

これを挙げないわけにいかないぐらい、ここのところティーボウの株が急上昇。オフェンスもすっかりティーボウ仕様に変わっています。いつまでも通用しない、とアナリストには一蹴されていますが、通用しちゃってるので、タチが悪い。特にQ4に来るこのわけのわからない波を抑えないことには勝機は見えてきません。

ただ、どのチームのディフェンスが相性がいいかといえば、CHIだろ、と考えています。幸いディフェンスの方はみんな元気ですし、似たタイプのヴィックにも相性がいいディフェンスです。規律のしっかりしているCHIのディフェンスでやたらティーボウに走られることはないだろうと見ています。内側はマゲイヒーを抑える必要がありますが、両DEとOLBはティーボウに走られる前にタックルをくらわせてあげなければいけません。

やっぱりその中でもペッパーズに注目ですね。ここまでターンオーバーも少ないDENですが、ここらで複数かましてほしいものです。


他のチームが負けてくれているとはいえ、ここで勝てないとSEA、MINの試合もきついでしょう。敵地だろうがなんだろうがここで3連敗はあってはならない、そんな気持ちでチームは試合に臨むはず。不安はありますが、妙な期待感のある試合です。勝ってプレーオフ戦線に残る、そうなるよう応援したいと思います。

Go Bears!