意外な展開だったんですが、納得はしてます。
Round 2 Pick 50
Alshon Jeffery, WR, Oregon State

オフに3人のWRを補強してますから、カトラーは文句言えないでしょうね。しかもまたでかいWRを獲得しました。6-3ですから約192cmの長身。ちなみに先日の顔ランキングで8位にしちゃいましたw

エメリーはWRの中ではベストハンドを持っていると語っていました。性格的な問題があるといわれている面もありますが、面接でのやり取りを評価していました。とにかくタフさが売り、なかなか倒れないし、Competitorだとも評価。マーシャルとのペアで急に空中戦の火力が倍増した印象です。カトラーも喜んでいるでしょう。

それにしてもこれでオフに獲得したWRはマーシャル、トーマス、ウィームスに続き、4人目になりました。頭数がこれでかなりのもんです。

マーシャル
ジェフリー
へスター
ベネット
トーマス
ウィームス 
サンゼンバッカー
ノックス

ノックスは完全に構想外といってもよさそうです。まあリハビリ中ですし、そうするしかないのが現状でしょうね。恐らく今シーズンは戻ってこないでしょうし。

こうなると当確線上にいるのがトーマスとサンゼンバッカーでしょうか。トーマスが一番危なそうです。最終ロスターの数は6人でしょうかねぇ。 


Round 3 Pick 79
Brandon Hardin, S, Oregon State

パイアの母校から引っ張ってきました。またこいつもサイズのある選手です。190cmの長身。CBを経験していますが、Sefetyとしてドラフトしています。TEのカバーに使えるという利点もあるんでしょう。現在の流行をちゃんと理解したうえでドラフトしているすばらしい戦略です。

あまり候補として評価が高くなかったのは昨シーズン肩の怪我でプレーしていないことが原因です。メディカルチェックは当然ながらパスしている状態でのピックになるので、その点の問題はなさそうです。

STでの活躍にも期待をしているようです。当然ながらSの先発はコンティとライトですが、出来によってはライトの入っているSS向きではないか、ということのようです。

2010年は先発してCBで63タックル記録している選手ですので、カバー2向きな感じです。INTを記録していないのでボールスキルがいまいちという評価もあるようですが、その辺はコーチングにも期待しましょう。

 
正直なところWRはこまが揃ったと思っていたので、意外なピックになりました。さらに3巡目もSにいっちゃうか、と思いました。が、DTは先発はいる、と踏んでいるんでしょう。後はDepth要員をドラフトする予定か、あるいはイドニジェにバルクアップしてもらってDTで使うように仕向けるのかもしれません。 

Sはここのところとにかく毎年ドラフトしています。クリス・ハリスの2005年のピック以来毎年どこかで獲得しているほど固定しないポジションですから、現時点ではDepth要員でも、先発になってもらう期待は大いにあるでしょう。

3日目、これまでOLをとらないのか、という声は多いんですが、今年のLTはウェブと心中でもいいでしょう。C-Willが外側に出るかも、という話もあるので、もしかしたらそういう流れなのかもしれません。下位でOTは獲るとは思いますが。

個人的にはそろそろLBを獲ってほしいと思っています。LB→OTの流れはありそうですが、後はいずれにしてもプロジェクト系なので、PBAということになるでしょうか。Cの獲得は可能性としてありそうです。David Molkあたり面白いんですけどね。バルクアップしているOLとしては少し小さいかもしれませんが。

5巡目がなくなりましたので後は4巡目、6巡目、7巡目の3人。明日ドラフト選手が出揃います!