OTAが行われてますけどあんまり情報が出てきません。
そんな中ちょっといい話があったので紹介。

へスターが報道陣からWRジョニー・ノックスの質問を受けたとき、少し言葉を詰まらせたという一面があったという話しがありました。その記事の中ではヘスターとノックスがプライベートでも付き合いの深い二人であることを紹介しています。ヘスターの方が多少先輩ですんで、兄貴分的な存在なようです。

言葉を詰まらせた理由は他でもないノックスの怪我の回復具合です。関係が深いことから間近でノックスが苦労しているのを見ており、彼の質問が出たことで言葉を詰まらせたのでしょう。

ノックスのリハビリは継続していますが、毎日同じことの繰り返し、精神的にも非常につらい面があり、そうした時にヘスターも友人として励ましているようです。

もう3シーズンぐらいになるでしょうか、この二人は一緒にベアーズでWRとしてやっている仲です。チームメイトでもあり、友人でもあるノックスの苦労している姿を見て、ヘスターは自分がいかに幸運であるか、ということを感じているようです。実際に「練習で苦労することもあるけど、フィールドに立ちたくても立てない奴がいる。そう思うと俺の苦労なんてたかがしれている。そう思うとまたがんばれる。俺が彼の立場にいた可能性だってあるんだ。」といったような発言をしています。

今シーズンはトレードで獲得したマーシャル、そしてドラフトしたジェフリーの陰に隠れて、WRとしてそれほどファンの中で期待が高いとはいえないヘスターですが、このオフもマーシャル、カトラーが揃ってヘスターをべた褒めしています。彼は運動神経抜群ですが、あまり知られていないのは非常に努力家だということです。友人であるノックスがプレーできない、その事実を胸に抱えながら2012年シーズンWRとしてブレークするシーズンになるのでしょうか。

ベアーズ舞台裏でのお話でした。