もうすぐ予想大会。ちゃんとやりますチーム分析。
まずは主なFAトランザクションのおさらい。

去った連中
DTアダムス、CBボウマン、CBグレアム、Sメリウェザー、OTオミイェル、DEデイヴィス

加入した連中
RBブッシュ、QBキャンベル、CBヘイデン、WRマーシャル、WRウィームス、RBブッカー、OGラシェル、DEオゾウグウ

ここ足し算引き算しただけで今年のレベルアップがうかがえる。特に控え組のブッシュ、キャンベルの獲得は大きい。ただしここ数年2番手RBの獲得にはテイラー、バーバーとハズレ続き。そうならないことを願うばかり。

なんといっても大きいのがマーシャルの加入。今までもそこそこのWR陣だと自負していたが、なんだかんだとやはりNo.1WRの不在はあった。マーシャルが加入したことで他の選手へのポジティブな影響が計り知れないというのが一番の期待する部分。メガトロンなどと比べても遜色ない選手の加入はやはり大きい。

ドラフト獲得選手(ロスター残留組のみ)
DEマクレラン
WRジェフリー
TEロドリゲス

マクレランはラン守備を期待するより純粋なパスラッシュを要求されているため、現時点では3rdダウンのみの予定だが、彼のモーターには期待。近いうちにMINのアレン級になってくれることを願う素材。

マーシャルだけでは飽き足らず、巨漢のジェフリーまで獲得したベアーズ。背の高いターゲットでシュアハンドの素材はカトラーもうれしいはず。

HBとしてスクリメージの後ろからの武器になりそうなロドリゲス。限られた登場にはなりそうだが、面白い武器になりそうな予感。


オフェンス評価
DEN時代にカトラーと一緒にやっていたベイツコーチの加入、そして得意なことに集中すると明言しているタイスOCの組み合わせは今シーズンにリーグ屈指の爆発力になる可能性を秘めている。特にWR陣のアップグレードはめざましく、OLサポートのために巨漢TEもそろえており、万全の体制になりつつある。不安なのは昨年からも言われ続けているOL。一緒にプレーする時間が長くなってきたこと、プレーブックの関係上ボールのリリースが早くなりそうなことを踏まえると、大きな問題にはならなそうだが、ほころびが出るとしたらここだろう。


ディフェンス評価
ここ数年で久しぶりに固定しそうなS陣は不安が少なくなっているので、底上げはできているはず。DLもここ数年で一番ロスターが充実している印象を受ける。特にマクレリンを含めた3rdダウンのDLはペッパーズ、メルトン、イドニジェ、マクレリンというかなりラッシュ力が強くなりそうな面々で構成しており、これには相手OLも苦労をすると思われる。ずっと安定しているLBだが、アーラッカーの怪我はやはり心配の種。昨年最後に受けた怪我の影響はまだ継続しており、全戦出場はいかがなものか。カバー2の肝であるMLBに穴が空くとやはりディフェンスはつらくなる可能性はある。現時点での一番の不安はこの点だろう。アーラッカーを怪我で欠いた2009年シーズンの散々な結果は記憶に新しい。


全体評価
昨年はシーズン前もプレーオフは固いと思っていた。が、カトラーの怪我ではかなく可能性が消えていった悲しいシーズンになってしまった。その幻のプレーオフシーズンを支えた中心選手は健在で、プレーオフは確実に取れるシーズンと見ておきたい。戦力で見ればGBにもひけをとらない選手層になってきたという印象はあるし、ディフェンスが仮に崩れてもオフェンスで勝つ、という試合も演出できそうな層の厚みが出てきている。本命とは行かないまでもNFC北地区の対抗馬といえる存在と自信をもっておきたい。