まだ多少空きがあると思いますが、コーチ陣が埋まりつつあります。

とにかくDCが決まったことで主要ポストは埋まりました。

▼メル・タッカー、ディフェンシブ・コーディネーター

▼マット・キャヴァナー、QBコーチ

▼アンディ・ビスチョフ、TEコーチ

▼スキップ・ピート、RBコーチ

▼ジム・アーサー、ストレングス&コンディショニングコーチ

▼ジョン・ホーク、DBコーチ(留任)

▼マイク・フェア、DLコーチ(留任)

▼マイケル・シンクレア、DLアシスタントコーチ

目が留まるのがDCのタッカー、そしてキャヴァナーでしょうか。キャヴァナーはHCがウォンステッドの時代にOCをしていた人物です。こういう形で戻ってくることになりました。トレストマンが49ers時代の同僚ですね。

タッカーはJagsでDCをしていたコーチ。今回LBコーチだったボブ・バビッチがJagsにDCとして迎えられたので、交換するような形になりました。

スキップ・ピートはトレストマンのOAK OC時代のRBコーチ。

ビスチョフ、シンクレアはモントリオール・アロエッツから引っ張ってきたコーチです。

少数でも留任がいるのは多少選手としても安心感があるでしょう。特にDLコーチのフェアが残ったことは4-3を継承するサインになっているような気がします。

野犬留置場のmentaiさんにタッカー評を後で聞いてみます。

それにしてもHCが替わったこともあって、今のほうがシーズン中よりブログ書いてるなぁ。