ドラフト前にやった企画の反省会。
QBは最後に取っておいて、まずはWR編。

実力、という点でのランキングはあっちこっちにありますが、「顔」のランキングという企画を昨年立ち上げました。そのWR編が
こちら


NameTeam

G

GS

Rec

Yds

TD

Rueben RandleNYG161192983
Kendall WrightTEN155646264
AJ JenkinsSF30000
Justin BlackmonJAC1614648655
Michael FloydARI163455622
Stephen HillNYJ118212523
Mohamed SanuCIN93161544
Alshon JefferyCHI106243673
Chris GivensSTL1512426983
Juron CrinerOAK120161511
Tommy StreeterBAL00000
Joe AdamsCAR90170

私がつけたランキング順に成績を並べています。1位においたランドルはイマイチでしたね。全試合に出場するものの、300ヤードにも行かない成績。むしろ下においた我がベアーズのジェフリーの方が数字を残しています。怪我していたジェフリーよりも下ですから、これはハズレというべきでしょうか。

TENのライトはそこそこがんばってくれました。ヤード獲得数だけで考えると3位ですから、まあよく当てていたと思います。

イケメン、と評価しつつも下位においたギヴンスが好成績。もちろんラムズのレシーバー陣の状況もあるとはいえ、ルーキー2位の成績となっています。

危険度がいっぱいのブラックモンは5位におきましたが、今年は好成績。しかしながら彼の場合成績以前に不安な要素があるっぽいので、今後も見守る必要がありそうです。

この中で完全な期待はずれなのがジェンキンス。アクティブロスターにすらならないことがほとんどだったと思います。今後伸びるのか全く分かりませんが、上位指名としては完全なBust状態。

ドラフト前は色々騒がれていたフロイドも何気に成績残していたんですね。QB/OLの状況を考えると、意外にいい数字ではないでしょうか。

総合的に観ても私のランキングの正確性は全く無いことに気づきますね。2年目も成績を観ると面白いかもしれませんが。

次回はDT、最後にQBを振り返ります。