最後時間のかかっていたWRコーチも決定。

というわけでコーチングポジションが全部埋まりました。

▼ヘッドコーチ: マーク・トレストマン
コーチとしてはジャーニーマンともいえるぐらいあちこちでコーチをしているトレストマン。行った先々で成功を収めています。OAK時代のギャノン、ARIのプラマー、DETのミッチェル、SFのヤングなどは彼の指導の元で花咲いています。前任はCFLのHC。HCとしても優勝2回と実績を残しました。久々にオフェンスマインドのコーチということもありオフェンスの改善に期待がかかります。1年目でどのような成績を残すか、非常に楽しみです。

▼オフェンシブ・コーディネーター兼OLコーチ: アーロン・クローマー
こちらもコーチ暦の長いクローマーさん。昨シーズンは成績を残せなかったものの、暫定HCをNOでこなしていました。OC職ですが、トレストマンがプレーコールをしますんで、権限はタイスさんなんかと比べて低そうです。長いこと問題の多いOLも見ることになります。トレストマンとはOAK時代の同僚ですね。

▼QBコーチ: マット・キャヴァナー
97年から98年にベアーズに在籍しており、帰ってきた形になりました。つい最近はJetsでQBコーチをしていました。正直なところJetsでQBコーチというのはイメージはよくありません。SBチャンプになった2000年シーズンのレイヴンズにいたこともあるので、コーチとしてどうなのかよくわかりません。49ers時代のトレストマンと一緒にやっている縁のようです。

▼RBコーチ: スキップ・ピート
こちらも経験豊かなコーチ。96年からはずっとRBコーチですから、もう専門といってもいい感じ。昨年まではカウボーイズに在籍。トレストマンHCとはレイダーズ時代のつながりですね。

▼WRコーチ: マイク・グロー
こちらはアラバマ大でWRコーチが前職だった方。エメリーさんが連れてきた形になったのでしょうか。だいぶ時間がかかりましたが、ほぼ大学でしか経験の無いコーチをつれてきました。

▼TEコーチ: アンディ・ビスチョフ
ずーっと高校でコーチしていてCFLのモントリオール・アロエッツでトレストマンの下でやってた人です。RBコーチだったみたいですけど。OLコーチ上がりなので、TEコーチとしてどうなのかはよく分かりません。

▼OLアシスタントコーチ: パット・メイヤー
OCと兼職のクローマーにつく形になるでしょうか。アロエッツからつれてきた人です。アロエッツではちょうどクローマーさんのやることになるOC兼OLコーチをやっていたようですね。

▼オフェンスクオリティコーチ: ブレンダン・ニュージェント
こちらもアロエッツつながり。雑用係感たっぷりです。

▼オフェンスクオリティコーチ: カーソン・ウォルチ
またまたアロエッツつながり。WRコーチが昨年の職務だった模様。

▼DCメル・タッカー
大学でのコーチ経験を経てブラウンズ、ジャグワーズと渡ってきています。DC経験が長くなってきましたし、この辺で実績がでるとHC候補にもなりそうな人じゃないでしょうか。ジャグワーズでもデルリオがクビになったあと暫定的にHCもこなしました。ハリスもこの人の下でちょっとだけやっていますが、ポジティブなコメントを言っています。まあ、この人が直属の上司になる感じでしょうから、悪く言うわけないですけど。

▼DLコーチ: マイク・フェアー
昨年からの数少ない居残り組。マリネリさんの残したものを引き継いで欲しいですね。

▼DLアシスタントコーチ: マイケル・シンクレア
アロエッツでのDLコーチです。フェアーさんがフェードアウトしてこの人に代わっていくんでしょうか。なんか布石っぽくてアレ。

▼LBコーチ: ティム・ティバサー
昨年はパーデュー大のDC兼LBコーチでしたが、その前はアロエッツでトレストマンとつながっています。

▼DBコーチ: ジョン・ホーク
こちらも居残り組み。将来DC候補とも言われている人ですし、余り長く残らないような気配は大いにあります。ただ昨シーズンプロボウラーを2人輩出しているコーチということになりますから、継続してみてもらうのはいいことでしょう。

▼ディフェンシブ・クオリティコントロール: クリス・ハリス
言うまでもなくハリスはベアーズで選手としても活躍した人物。引退直後にこの仕事をもらっています。かなり雑用っぽい仕事も含めて色々お勉強させてもらうことになりますが、タッカーDCとやっていた点と選手とのつなぎ役、という意味でいい雇用ではと思います。

▼ディフェンシブ・クオリティコントロール: ショーン・デサイー
ボストンカレッジのRB/STコーチが前職。雇用の経緯・コネはよく分かりません。

▼スペシャルチームコーディネーター: ジョー・デカミリス
HC職候補としても面接をしたデカミリスですが、STコーディネーターとして招聘されることに。ST一筋の方ですが前任はDAL。Dallas Morning Newsの2012年のランキングでは全体17位と真ん中。ベアーズは9位でしたので果たしてSTが上向くかどうか。

▼アシスタントスペシャルチームコーチ: ドゥエイン・ストゥークス
こちらも雇用の経緯はよく分かりませんが、しばらくTBでコーチをやっていた人です。

▼ストレングス・アンド・コンディショニングコーディネーター: マイク・クラーク
シアトル、KCを経てベアーズに加わりました。長いこと同じポジションにいたラスティ・ジョーンズが引退をしたことで加わることになった形です。

▼ストレングス・アンド・コンディショニングコーチ: ジム・アーサー
こちらも居残り組み。長いことラスティ・ジョーンズの下でやっていた人です。昇格せずに上司が来ちゃいましたね。


正直なところ、HC、OC、DC、STC以外は余り語られることが多くないので、ここで紹介して後は全く名前が出てこない、なんてこともあるかと思います。全体の印象としてはやはりトレストマン先生が連れてきた人たちという印象ですね。ただDCなどエメリーさんの人事というところも伺えます。

いずれにしてもやっと全員揃いました。個人的にディフェンスがどうなっていくかが楽しみです。