本来ならFA前に終わらせねばいけないヤツですが。

FAが始まる前に終わらせなきゃならない振り返りですが、どうも平日仕事の後は廃人みたいになっててブログを書く気が起きてないのが現状。ストレスは大敵ですね。

さてFAで今年も意外と動いてきました。TEマーテラス・ベネットとOTジャーモン・ブシュロッドを獲得。いきなり大きな穴を二つを埋めています。エメリーさんやりますな。でもキャップが心配。そろそろクビが飛びそう。ベテランの呼び戻しもこの調子だとあんまりないのかなこれ。

さて、DLやっておきます。


なんといっても33歳にしてこの生産性を維持するペッパーがなんと言ってもリーダーです。後はどこまでやれるか、という点がやはり焦点。ベテランのイドニジェもいい数字を挙げましたし、ウットンも成長を見せました。怪我なくやれたのはウットンにとっては大きかったですね。ペッパーズの後継者、とは言わなくてもだいぶ期待が持てそうな感じになってきました。

マクレリンは3rdダウンでしか使われなかったこともあってサック数は多くありません。LB転向も噂されますが、チームはDEとして扱うと明言しています。ただ今のところLBで獲得の動きが見えず、先発級はブリグスのみという台所事情を考えると、ひょっとしてLB転向もあるんじゃなかろうか、という気もしてます。この辺はふたを開けてみないと分かりません。ただしDEであれば多少バルクアップしてもらって破壊力をつけて欲しいですね。

ルーキーなりのミスもちらほらみられましたし、まだ成長は望めそうです。

安定していたように見えるのがパイア。3年目で爆発して欲しいですね。特にメルトンに注意が行くとパイアは1on1に勝てばよくなるわけなので。

<展望>
イドニジェがFAのDE陣はどこかでローテーション補強が必要です。恐らく先発はペッパーズ、ウットンになっていくのではと思いますし、マクレリンがやはりローテーションでもう少しスナップ数も多くなってくるでしょう。イドニジェがいることに越したことはありませんが、FA前にも契約しなかったところを見ると優先順位ではないことは明らか。まあ先発2人はOK、あとはDepthというところを考えれば納得です。誰かが怪我したらしんどいので、補強は絶対にしてくると思います。

DTのほうはコリンズがRFAでテンダー契約提示されています。(実際にはRFAテンダー提示はありませんでした。)DTコリンズはRFA提示はなかったものの、とどまりそうな感じでしょうか。メルトンもフランチャイズ提示にサインしていますから、今年は残留。パイアを含めた3人がメインのローテーションになると思われます。オコイェはこのまま放出でFAかUDFAで獲得というのがよそうです。仮にコリンズと契約がないと、DTのピックはドラフトであるかもしれません。上位ではないと思いますが。

DLに関しては昨年は特に安定したユニットでした。やはりペッパーズの反対側でそこそこ数字が出せたのが大きかったですね。ウットンは更なる飛躍を期待したいです。ファーブ殺しの人、だけで終わらなくてよかったです。
No.NameTTFLSackFF
99シェイ・マクレリン1422.50
90ジュリアス・ペッパーズ39311.51
98コリー・ウットン27172
71イズラル・イドニジェ4837.51
95チェタ・オゾウグウ3100
93ネイト・コリンズ11100
69ヘンリー・メルトン43462
91アモビ・オコイェ12111
92スティーヴン・パイア2432.50