ここ2日ぐらいでバタバタ動きがありました。
ティーボウの話じゃないよ?

Out
OLゲイブ・カリミ
TE/FBエヴァン・ロドリゲス

In
WRデヴィン・アロマシュドゥ
FBトニー・フィアメタ
WRジェレル・ジャクソン


サプライズだったのはカリミのトレード。ベアーズにその気があったのかさだかではありません。どちらかというとバッカニアーズがほしがっていたような気もします。とはいえ6巡目ピックでトレードを呑んでいますから、放出したいという意向がまんざら無かったとは言えないんでしょう。

正直なところGもカイル・ロングをドラフトし、ブリテン、スローソンもFAで獲得して駒が揃った状態、タックルも昨年獲得のスコットがよくやってくれてたこと、ウェブがRT争いに入っていること、コリー・ブランドン、ジェームス・ブランの若手OTも成長が見込めることを考えると、ロスターにわざわざ入れる必要があるかは疑問でした。1巡目ピックでそこそこ高いこともあって、給料も保証されていましたし、見返りが低くても価値があると判断したんでしょう。後々よりはよかったかもしれません。

そしてもう一人は解雇になったロドリゲス。オフ2度目の逮捕で少し時間を置きましたが結局解雇になりました。なんだかこれで目覚めて他で活躍しそうな気がするんですがね。まあ、そうは言ってもある程度示しをつけておかなければいけないことは明白ですから、仕方ないでしょう。正直期待していただけにファンを裏切った形になりましたね。元々カレッジでもフィールド外の問題があって多少黄信号のついてた選手でしたので、まあ、やっぱそうなのかよ、という感じですね。

替わりに入ったフィアメタは4年目のベテラン、とはいえ余りプレーしている選手ではなく、ブロッキングタイプのFBなんで、プレーブックに多少の影響がありそう、という話も出ています。

そしてアロマが帰ってくることになりました。カトラーもターゲットとして決して嫌いじゃなかったそこそこ長身のアロマ。あんまりキャッチ能力がいい!という選手ではありませんが、マーシャル、ジェフリーと共に使えば高さを生かした攻撃ができるというもの。以外にWRは層が薄いので、残ってくるかもしれません。

ミニキャンプは現地では今日から。どんな情報が入ってくるか注目ですね。