タッカーさんじゃなくて、他のクビが飛びました。

ここ20年以上で最悪のディフェンスとなった(みたいです)責任を誰が取るのか注目が集まっていましたが、結局DCであるタッカーさんじゃなくて、LBコーチのティム・ティバサーとDLコーチのマイク・フェアが責任を取ることになりました。

フェアDLコーチは前政権からの居残り組。ティバサーはモントリオール・アロエッツつながりでトレストマン人脈。今シーズンからでしたが、あっさり切られました。

DLに関しては昨年プロボウラーとなったメルトン、コリンズが早い段階でIR入り。セインツから加入したセドリック・エリスはキャンプにも参加せず。パイアも怪我で途中何試合か欠場で、ウットンも先日手術して、シーズン中100%じゃなかったことを話しています。怪我が重なり、若手を起用せざるを得ない中で、その若手をシーズン中に十分成長させることが出来なかったと言う点が解雇の理由だとか。

そんな殺生な。

LBコーチのティバサーに関しても同じような感じで、DJウィリアムスIR入り、ブリグスも欠場が重なり、代わりに入ったルーキーのボスティックとグリーンをうまく育てられなかった点に焦点が当たっています。

無理言いなさんな。

タッカーさん残留の理由としては元々前政権が使っていた用語もそのまま取り入れてコーチングしていたこともあり、タッカーさんにはしんどかった面もあるでしょう。その辺の温情は入っていると思います。リーダーシップに期待していると言う点はトレストマンとエメリーが言ってます。

それにしても誰かを解雇せざるを得なかったんでしょうけど、どうなんでしょうね。とはいうものの、あるいはこれは3-4に移行する布石なのかもしれません。

エメリーさんもシーズン後の記者会見で認めていた通り、マクレリンを4-3DEにあてがったのは失敗だったとコメントしています。4-3のOLBで使うとも思えないので、3-4OLBとして使うともとれるコメントだったことは確か。

エメリーさんが今後契約していく人間に注目すれば3-4への移行を本気で考えているのか分かってくるかもしれません。まあハイブリッドでやる可能性も大いにありますが。3-4中心に移行しそうな予感はあります。

しかしこれでタッカーさんが言い訳できない環境になりました。とは言っても2013年シーズンより悪くなるとも思えないので、来年は多少まともになるでしょう。DLに関しては不運も重なりすぎました。あんな怪我が増えたらきついよ。

むりそ期待できる面が増えるかもしれません。元々前政権の選手たちやシステムがうまく行き過ぎてそこを気にしすぎていたきらいもありますし、これですっきり自分のやりたいシステムにしていけるところも大きくなるでしょう。元々非常に評判の高いコーチですし、これまでもNFLトップ5に入るシステムをCLEやJAXで築いた実績があります。駒が揃いさえすれば、急に大きな変貌を遂げてもおかしくはありません。

後はGMエメリーさんの選手のリクルートにかかっています。ドラフトはピックのうちほとんどがディフェンスになりそうな気配ですし、FAでもDepth固めをきっちりしてくるでしょう。後はディフェンス側の選手を見る目があるのかどうか。

ちなみに今までエメリーさんがピックしたのは2012-1 DEマクレリン、2012-3 Sハーディン、2012-6 CBフライ、2012-7 CBマコイ、2013-2 LBボスティック、2013-4 LBグリーン、2013-6 OLBワシントンという面々で、オフェンスのジェフリーのような大当たりは無い感じ。ハーディンは3巡目で大外れ。6巡目で引っ張ってきた割にフライは頑張ってる、ぐらいの印象。次のドラフトの上位2人はディフェンスでいってもらわなきゃいけないし、どちらも即戦力は必須。カレッジのディフェンスのスカウティングは今オフの最大の課題。

レストマンHCが来て得点力で突然NFL2位のチームに変貌しました。2年目の2014シーズンはさらに期待が出来そうです。その上でディフェンスがタッカーさんの手で再生されれば再度プレーオフ争い、そして出場、その上まで狙えるはずです。

って妄想が、、、

なんにせよタッカーさんは残留。スミスHCの時はディフェンスが鬼でオフェンスがウ○コだったけど、トレストマンHCになって逆になったらツッコミする気も起きないので、なんとかタッカーさんよろしく頼むよ。