どうもアーラッカーのイメージが下がりつつある今日この頃。

ティルマンの契約延長をすべきだと言うコメントも含め、どうもビターなコメントを出しまくる節のあるアーラッカーには辟易の声も出始めました。レジェンドだけにもう少し大人の対応をしてほしいのですが。

ティルマンに関しては「生涯熊」を約束という記事が出ていましたが、ちょっとラジオを聴いてからまたコメントします。まあホームディスカウントに応じる構えはあると言うことでしょう。あるいは実質引退も考えているのか。チームの雰囲気を作るうえで重要な存在ではありますし、怪我があったとはいえ天敵ともいえるメガトロンには非常にいい成績を残しているピーナッツ。時間はかかりそうですが、なんとかまとめてほしいものです。

さてさて今回はRB編。2013シーズンのスタッツは以下の通り。

No

Name

Yds

Yds/C

TDs

Rec Yds

#22

マット・フォーテイ

1,339

4.6

9

594

#29

マイケル・ブッシュ

197

3.1

3

48



フォーテイの成績は素晴らしいに尽きます。当然OLがよくなったことも影響していますが、トレストマンオフェンスで才能に花咲いた感じですね。あえて問題を言うのであればタックルの外への走りで稼いでいた印象。両タックルの間(いわゆるBetween the tackles)の走りでは今ひとつだった感があります。これはちょっと数字がないので今のところ印象ですが。

2014年シーズンでは両タックルの間のランをもう少し稼げるようオフェンス全体で工夫してほしいですね。

さて、バックアップというかショートヤーデージ要員のブッシュですが、肝心のショートヤーデージで今ひとつだったという苦いシーズンでした。元々私自身はこの人がショートヤーデージに向いていると思っておらず、1st、2ndダウンで真ん中を切り込むのがうまいRBという見方をしています。この点で苦しんでいるフォーテイとは対照的な感じです。

ただ、明確なランプレーの時にゴリゴリショートヤードを稼げるかと言うと余りそういうタイプではない、というのが個人的な印象。そういう意味でも役割にはあっていないんじゃないかなと思っております。

上のチャート、FBのフィアメタをすっかり忘れてましたが、彼はラッシングは0でレシーブを少し記録しています。個人的にはFBがショートヤードを稼ぐ、みたいな感じになってほしいんですが、フィアメタと契約延長した以上、ここは余り期待できそうに無いですね。

このポジションは明確なニーズではないですが、ドラフト下位で誰かピックしても驚きません。オクラホマのFBトレイ・ミラードとか良く見えますんで、拾ってくれないかなと思います。スピードもあってサイズもいいので、ショートヤーデージで使えそうな気がするんですけど。

これまで動きは無いですが、ブッシュの解雇があるかどうか。まあデッドマネーも発生するので、恐らく視野にはないんでしょう。フォーテイが怪我した時に頼れる人材でもありますしね。

フォーテイがいる限り、安泰なポジション。ただし彼の年齢が徐々に上がりつつあることを考えると、下位でプロジェクト系をドラフトするのもありでしょう。