ドラフトまでまだ時間がある中、まだまだ戦力補強に余念がありません。
 
これまでブログで書いていないのは下記の選手。

OLエベン・ブリトン(CHI)1年
Cブライアン・デラプエンテ(NO)1年
TEマシュー・マリガン(NE)1年
WRジョシュ・ベラミー(WAS)?
LSチャド・レンペル(CFL)3年

基本1年がほとんどですが、LSのレンペルが3年。怪我をして手術をした超ベテランのマネリーが引退の可能性もあり、CFLモントリオールからトレストマンHCつながりでの人事でしょう。

 ブリトンは昨年色々と役目をこなして、なかなかいい仕事をしてくれましたが、他で残念ながらいい話がなかったというところでしょうか。

デラプエンテはNOで先発をしていた選手。 1年ではありますが、このままガルザを1年やらせた後、数年契約を得られる可能性はあります。

TEマリガンはブロッキング要員。パスターゲットとして使う感じではありません。

WRのベラミーはリターン要員。同じくST要員のWRエリック・ウィームスですが、こちらはペイカットを呑んで残留決定。WRの枠は非常に厳しい 争いが待っていそうです。

Depth固めという意味では非常にいい補強が出来ていますね。ただこの補強を見ていると、RBがなくて、ドラフトで狙っているのかもしれません。チャールズ・シムズ辺りがフォーテイに似たタイプらしいので、彼になるかは別として、こっそり中位で行くかもしれません。