つってもやっぱ顔なんですけどね。
とはいいつついい顔が揃っている、という意味で、層が厚いDBです。
 

Rank

Name

College

Face

1

Justin Gilbert, CB

Oklahoma State

 DB Justin Gilbert

名前: 7

努力: 9

: 10

Total: 26

 

 トップ候補のギルバートはここまで最高点の合計26点をたたき出しました。落ち着きぶりの中に人格的な成熟をかもし出すあたり、成功の予感がプンプンします。大きな期待を持てそうです。(顔的に)

2

Darqueze Dennard, CB

Michigan State

 DB Darqueze Dennard

名前: 7

努力: 7

: 9

Total: 23

 

 こちらもトップ候補ですが、一歩下がって同率2位となったデナード。こちらも期待できそう。かつてのCINのWR、フーシュマンザダを思い起こさせる顔です。

2

Jason Verrett, CB

TCU

 DB Jason Verrett

名前: 7

努力: 7

: 9

Total: 23

 

 こちらはイケメンのヴェレット。イケメンを過小評価して痛い目にあっているため、多少ポイントを上乗せ。トップ候補として恥じない面構えをしております。

4

Terrence Brooks, FS

Florida State

 DB Terrence Brooks

名前: 7

努力: 8

: 7

Total: 22

 

 一歩後退したとはいえ2位から1点差の同率4位は立派。ポジションでは12位と決して高くはない評価ですが、それでも顔で上位に食い込みました。

4

Pierre Desir, CB

Lindenwood

 DB Pierre Desir

名前: 6

努力: 7

: 9

Total: 22

 

 こちらもポジションで17位と下位につけているデシールですが、顔つきで高評価。大学が小さいために評価が下がっているのでしょうが、もしかしたら面白いピックになるかもしれません。

6

Hasean Clinton-Dix, FS

Alabama

 DB Hasean Clinton-Dix

名前: 8

努力: 5

: 8

Total: 21

 

 ポテンシャルはあるんでしょうし、名前でも得点を稼いでいるのですが、この顔つきはちょっと問題児系な気がして仕方ありません。性格はきつそうですし、初年度に活躍しても、その後フィールド外で何か問題起こす、、、的な。熊もピックありえる候補なので、若干心配です。

6

Calvin Pryor, FS

Louisville

 DB Calvin Pryor

名前: 6

努力: 7

: 8

Total: 21

 

 名前で得点を稼いでいませんが、それ以外ではそこそこ稼いだプライアー。クリントン=ディックスよりかは安全なピックになりそうなイメージがあります。

6

Deone Bucannon, SS

Washington State

 DB Deone Bucannon

名前: 7

努力: 7

: 7

Total: 21

 

 こちらはポジションで14位と高くない評価のブキャノン。平均的に得点を稼いで同率6位に食い込みました。

9

Marcus Roberson, CB

Florida

 DB Marcus Roberson

名前: 7

努力: 6

: 7

Total: 20

 

 真面目っぽい印象もあるので努力家度はもう少し高めでもよかったのかもしれませんが、ポジションでの評価と顔の評価がほぼマッチした形になりました。こういう選手は一番無難なのかもw

9

Bashaud Breeland, CB

Clemson

 DB Bashaud Breeland

名前: 6

努力: 7

: 7

Total: 20

 

 こちらも平均的に稼いだブリーランド。少し角ばった感じのブランドン・マーシャルといった印象の顔で、そのせいか少しおまけのポイントをあげてしまった感は否めません。

9

Ed Reynolds, FS

Stanford

 DB Ed Reynolds

名前: 7

努力: 8

: 5

Total: 20

 

 ポテンシャルを感じさせないんですが、真面目な青年という印象を強く見せてランクイン。

9

Dion Bailey, FS

Southern California

 DB Dion Bailey

名前: 6

努力: 7

: 7

Total: 20

 

 正直申し上げて私がゴリ顔好きということもあってポイントを稼いだ感があります。ポジションでは20人中20位となっているベイリーです。



ランク外の選手はこちら。

DB Bradley RobyBradley Roby, CB, Ohio State
優しすぎる印象が厳しいプロで生き残れる感じを想像させなかったところが伸び悩んだ理由でしょうか。











DB Jaylen WatkinsJaylen Watkins, CB, Florida
ポテンシャル高そうなゴリ顔ですが、名前と少し真面目な印象を与え切れなかったところで伸び悩み。





DB Jimmie WardJimmie Ward, SS, Northern Illinois
非常に迷ったワードはランク外に。ポテンシャルは9点と稼ぎましたが、ディーヴァっぽい印象で評価を落としました。名前でも得点をあげてません。もう少し甘くてもよかったかもw




DB Keith McGillKeith McGill, CB, Utah
こちらも態度面で若干気性の荒そうな感じが得点を伸ばせなかった理由。







DB Kyle Fuller
Kyle Fuller, CB, Virginia Tech
真面目そうな青年なんですが、残念ながらどうもポテンシャルを感じさせてくれない感じで評価を落としています。ただ堅実にリーグに残るタイプには見えます。



DB Lamarcus JoynerLamarcus Joyner, CB, Florida State
どうも語呂が悪いというか、いまひとつなじめない名前で得点を落としましたが、他の平均は悪くないです。ポジションでの評価は9位ですし、私が名前を嫌ったという以外、あまりマイナス点は無いです、正直。




DB Phillip Gaines
Phillip Gaines, CB, Rice
こちらも好青年な感じはあるんですが、目の印象がどうもポテンシャルを感じさせない感じで得点を稼げず。小さめの目ではフォーテイもそっちに入るので、必ずしも悪くないんですけどね。
 



DB Stanley Jean-BaptisteStanley Jean-Baptiste, CB, Nebraska
顔がランディ・モスを思い起こさせるために努力家度で得点を落としましたが、真面目そうな印象もあるので、ランク外の中ではサプライズになるかも。












というわけでDB編。

ここまでの顔ランキングでかなり平均的に顔のいいポジションでした。顔的には今年はDBの当たり年といっても過言ではないです。それにしてもギルバートは鉄板ですね。正直14位までドナルドとかと一緒に落ちてきたらむっちゃ迷う。