HC以降サボりにサボった更新ですが、ここいらで少し更新。
決まったコーディネーター陣です。

◆オフェンシブ・コーディネーター◆
アダム・ゲイス
いわずと知れたHC候補で、CHIも含めあちこちでHC候補として面接もこなしていましたが、急速にしぼんだ後にシカゴに着地。こいつをフォックス人脈としてなんと呼ぶか、みたいな雇用です。

DENではWRコーチ(2009-2010)、QBコーチ(2011-2012)、OC(2013-2014)を歴任し、フォックスを追う形でCHIへ。ちなみにDENの前はDETでマリウチさん時代とマリネリさん時代を経験しています。最後のマリネリさんの時にOCだったのはマーツさんで、その時のQBコーチですからマーツオフェンスの影響も多少はあるかと思います。それ以前はスカウトの背景もあり、面白い経緯をたどっています。まだ36歳と若く、新進気鋭のオフェンスマインドです。

DEN時代の2009年シーズンには、マーシャルも所属していた年で、その際にWRコーチですから、近いところで仕事をしていたことになります。彼らの関係性はマーシャル自身がツイートで歓迎していたこともあり、良好だと考えられます。ゲイス自身がカトラーをどう評価しているかは分かりませんが、カトラーといい関係にあるマーシャルはカトラーがうまくいくために重要な役割を担うことにはなりそうです。


◆ディフェンシブ・コーディネーター◆
ヴィック・ファンジオ
ここ最近でかなり恐れられるディフェンスをSFで作り上げた張本人をDCとして招聘。レイヴンス(2006-2010)、スタンフォード大(2010)、49ers(2011-2014)時代を見ると、ここ7年ほどはハーボーファミリーにつながりの深い人物です(レイヴンス時代は2008年にハーボーが就任してから)。その前のテキサンズ時代にはドム・ケイパーズがHCだった頃にDCをやっているので、彼の影響は大きく、3-4という印象はそこからも伝わってきます。ちなみにドム・ケイパーズがCARのHCだった時にもDCをやっており、GBとの対決は直接にはならないまでも、ケイパーズとの師弟対決という形にもなります。

フォックスHCのつながりがいまひとつ分かりません。まあ、来てもらえたし、いいか、という気はしてます。

◆スペシャルチーム・コーディネーター◆
ジェフ・ロジャース
ST一筋でSF→CAR→DENとわたってきています。長きにわたってフォックスに仕えてきた感じがしますね。コーディネーターの中で一番最初に契約にいたった名前です。



それ以外のスタッフはすみませんちょっと面倒なので無視。だけどひとりだけ気になる存在を。

◆アウトサイドラインバッカーコーチ◆
クリント・ハート 
この人はDLのアシスタントコーチを2014年シーズンベアーズでやっていた人物ですが、熊に残ってOLBコーチを任されることになりました。実力を買われてのことでしょうが、それよりなにより、恐らくベアーズで初のOLBコーチが誕生したことは特筆すべきことです。これは恐らく3-4ディフェンスへの移行を示唆するものであり、オフにも3-4に移行するための選手を集めることになるのではと、推測できます。

これを踏まえると下記の選手の将来が気になるところです。
ランス・ブリグス
ジャレッド・アレン
スティーヴン・パイア

元々ブリグスとパイアはFAですので、契約しない可能性はあるわけですが、3-4となると、キャリアが終わりに差し掛かっているブリグスがシステム変更を受けて戻ってくる可能性はかなり低いのではと思います。アレンも3-4OLBよりも4-3DEという印象ですし、契約が残っていてもトレードなりという可能性は捨て切れません。個人的に3-4OLBのアレンをみてみたい、という気はしていますけど。パイアは3-4NTというところでは恐らく使えないのですが、その脇を固める存在としてはいけるかもしれません。とはいえFAですし構想に入るかどうかは微妙です。

チャンスが増えそうなのが下記の選手
ジョン・ボスティック
クリスチャン・ジョーンズ
シェイ・マクレリン
コーネリアス・ワシントン

ボスティックは4-3MLBより、3-4ILBの方が向いている気がします。単に4-3MLBとしては荷が重過ぎる、という理由で。この中で言うと、運動神経を存分に使ってプレーする、という意味ではマクレリン、ワシントンの二人は面白い存在です。それに加えてジョーンズも入れると、現存の戦力だけでも面白いことになるのではという予感があります。

全く選手の動きは無い現状ですが、コーチの動きでもいろいろ読めるところがでてきました。ドラフトも上位ですし、妄想のオフシーズンがどんどん楽しくなってきました。

ちなみに現時点でWRコーチのマイク・グロー、DQCクリス・ハリス(元熊+元CAR)、RBコーチのスキップ・ピートは解雇になって居ない模様。ハリスに関してはパンサーズに選手としていた頃にフォックスさんの下でやっていたのと、所詮DQCという下位のコーチということで、解雇よりも残す方向で考えている可能性は高そうです。