気がついたら2月に入って初更新。さすがにサボりすぎですねすみません。
さて、たいしてこれといったネタはないのだが、そろそろドラフティーのお勉強はしなきゃいけませんね。ただし顔の。

それはそれとしてQB。感情的になっちゃってたカトラーも含めて、どうすんだっていうところをひとつ冷静に。

現状のマーケット を踏まえると、なかなか面白い。考えられるオプションは以下の通り。

壱:カトラートレードの上ドラフトでQB獲得
弐:カトラートレードの上FAでQB獲得
参:トレードでQB交換
四:カトラー

各オプションを以下に考察。

▼オプション壱:カトラートレードの上ドラフトでQB獲得
そもそも全体7位という位置がウィンストンかマリオタの獲得できない可能性の高いポジションであることを考えると、このシナリオはかなり薄いとしか思えない。もちろんトレードの代償として7番目とカトラーを差し出して7番目以上にいければ問題ないのだろうが、そもそもそんな賭けをする価値がウィンストンやマリオタにあるのかは不明。ことウィンストンに関して言えばフィールド外の問題でご遠慮願いたい。

というわけでこのオプションはドラフトでマリオタが7位まで落ちてきた、というシナリオになった時にドラフト後に実現するというのが現実的なのではないか。ドラフト後に結局QB獲得できていないチームを釣るにはFAでのQB事情はトレードには非常に都合のいい環境となっているので、焦って動く必要は全くなく、むしろドラフト後に考えればいい。

あるいはサプライズという意味ではカトラー+全体7番目⇔全体2番目をTENとする可能性はゼロではないかもしれない。ただしこれはシナリオ(バッカニアーズのピック)次第。後述もしているがカトラーがTENに行くシナリオは可能性は決して低くない。


▼オプション弐:カトラートレードの上FAでQB獲得
なにせ今年のFAのトップ候補がジョシュ・マカウンなんじゃね?というほどQBは近年まれに見る劣悪っぷり。常識的に考えてオプションになりえるようなものではない、というのがここ。カトラーを放出しやすい市場ではあるものの、出したところでどうすんの?という疑問が消せない。


▼オプション参:トレードでQB交換
このオプションで真っ先に思い浮かぶのがラムズ。怪我ばかりのサム君とカトラーの交換はほぼ等価で受けてくれるんじゃないかという望みがないことはない。熊にとってはインジュリープローンのサム獲得はギャンブルだが、カトラーでどこまでいけるかにもう期待してないので、その方がシーズン前の期待感はある。

その次にありそうなのはバッカニアーズ。ただしグレノンだと等価交換とはいかないので、こっちには何かドラフトピックをもらいつつ、ということになる。カトラーを獲得しておくと全体1位のピックを餌に出来るという意味で、TBにとってはおいしい話になるんじゃないかという気はする。ベアーズ的にはグレノンでいいんですか?という話なんだけども。

個人的に面白いのはメッテンバーガー+ドラフトピックをもらった上でのカトラーのTEN出荷。ナシュヴィルに住んでるカトラーだし、ヴァンディ時代の思い出があるファンも多いのであれば、TENファンのハートもつかめる。ただしメッテンバーガー自体ポテンシャルが見切れてないので、熊側のリスクはそれなりに高いが、前述のようにカトラーに愛想尽かしてる面は大きいので、個人的にはアリ。


▼オプション四(死?):カトラー
なんかこれまでのオプションの現実味が薄いので、結局これに落ち着きそうなのが一番こわい。ポテンシャル採用枠みたいな扱いをいつまでもされると困るのでさっさと清算していただきたいのがファンとしては本音なので、このオプションはうなってしまう。

ライアンさんは今必死こいてゲームテープに穴が開くほど観ているはずだが、最終的にどういう決断をするのか。試合中のキャラはさておき、普段の姿勢は悪くないどころか優秀なカトラーだけに、残留の路線は色濃いのは確か。
 

一番可能性があるのは参か四かなー。個人的に参希望。お互いのためにカトラーは熊を離れた方がいいと思う。

結果はいうまでもなく、数ヵ月後には出ているはず。