地味のように見えますが、着々と進めております。
これまで下記の3人と契約を決定しています。

OLBパーネル・マクフィー(BAL) 38.75M/5yrs
WRエディ・ローヤル(SD) 15M/3yrs
Sアントレル・ロール(NYG) 11.25M/3yrs

という内容。

マクフィーは期待の高い若手26歳。BALはキャップスペースの問題を抱えており、保持できなかった選手です。私は馴染みのない選手ですが、2度対戦するmentaiさんはよくご存知のご様子。3-4移行にあたり、そのシステムを知る人間の獲得は重要ですが、その一つとして彼の補強になっています。昨年は先発という形でない状態で7.5サックを記録。期待は高いです。

エディ・ローヤル(考えてロイヤルではなくローヤルと表記する事にしました)はマーシャルが抜けた後にカトラーのターゲットとして獲得された形。1000ヤードを超えるシーズンは無いもののそれに近い数字を残したのはカトラーがアンダーセンターにいたDENのシーズンです。実際にカトラーが彼に連絡を取っていたようなので、その影響はありそうです。背の高いジェフリーに対してスロット的な役割でしょうか。

アントレル・ロールはNYGからの加入ですが、コフリンさんも彼のフィールド外での良さを絶賛しており、リーダーとしての役割を大いに期待したいところです。Safetyはそれが求められるポジションですし、反対側にマンディがいる状態なのであれば、入りやすい環境でもあります。


さて、ツイートでもしていましたが、ローヤルを獲得したことでより鮮明になったカトラー残留でしたが、首脳陣も先発はカトラーで行く、という宣言。正式に2015年のシーズンはカトラーが先発する事になりました。こうなったら頑張ってやってもらうしかありません。ただ、この状態でマリオタ獲りはお願いしたいというのは私の願いです。それをする事でカトラーへのプレッシャーにもなりますし、ショットガン中心だったカレッジからの移行に時間をかけさせてやる、というところも考えれば、悪い方針じゃないはず。DLどうすんだ、っていう話も分かりますけど、シェルトンはどうもテンション上がらんので、、、

まあドラフトはさておき、この決定はすでにされたのでカトラーは首が繋がりました。とはいえこの契約では切る、あるいはトレードという選択ができなかったというべきなのかもしれません。来年の16Mの給料の内、10Mは既に保証される日付になりました。よって来年のオフにカットでもそれなりのデッドマネーが発生するはずですが、今年よりは切りやすい環境のはずです。このオフには彼をベースにしない環境を作っておきたいと強く思います。ファンとして彼が活躍して欲しくないわけではなく、心中プランでは今後困るので、ということで。

まあ7番目ピックでマリオタは無理かもしれんのですけどねw