なんと1ヶ月以上もブログをサボっていたようです。
その間にパッカーゾーンさんがブログを閉鎖されました。あれだけ内容の濃いものを書いていたら続けるの大変だなーとは思っていましたが、遂に力尽きた、という感じでしょうか。ウチにもアクセスがあちらから流れている方は多かったので、感謝しておりました。お疲れ様でした。こっちはダラダラ続けていきますよ。

さて、キャンプに入って細かな出入りありますが、ロスターに残るかどうかも分からん連中のニュースはフィルターします。その辺はツイートもしているので、PCからのアクセスであれば←のツイートをチェックください。

今日はプレシーズン1試合目を前にDepth Chartが出てきたのでそちらをシェア。

まずはオフェンス
Pos.1st String2nd String3rd String
WRエディ・ローヤル(ケヴィン・ホワイト)ジョシュ・ベラミー
TEマーテラス・ベネットベアー・パスコークリス・パンテール
RTジョーダン・ミルズマイケル・オーラテイヨ・ファブルジュ
RGカイル・ロングジェイソン・ウィーヴァー
Cウィル・モンゴメリーフロニス・グラスーコナー・ボフェリ
LGマット・スローソンヴラディミール・ドゥカスタイラー・ムーア
LTジャーモン・ブシュロッドチャールズ・レノJr.キャメロン・ジェファーソン
QBジェイ・カトラージミー・クローセン(デイヴィド・フェイルズ)
WRアルション・ジェフリーマーキス・ウィルソンキャメロン・メレディス
TE/FBダンテ・ロザリオザック・ミラーブレイク・アネン
 
 4番手以下の雑魚共はあえて切りました。そうすることで居ないのが昨年のドラフトピックのRBケアリー。今怪我もしてますが、かなり危険な位置です。3番手にも入っていないのはちょっとカットの危険性濃厚ですね。カレッジの動画を見ると素晴らしいのですが、ゲイスさんには認められてない模様。PSも可能なんで、もしかしたらそっちかも。

個人的に期待のWRウィルソンもしっかり反対側で2番手。昨年は怪我で不幸なシーズンを過ごしましたが、今年はエースの影で数字を稼げるのではと期待。

オフェンス側は特にサプライズ的なものは無いですね。ディフェンス行きます。

Pos.1st String2nd String3rd String
DEイーゴ・ファーガソンブランドン・ダンオルセン・ピアース
NTジェレマイア・ラトリフエディ・ゴールドマンテリー・ウィリアムス
DEジャーヴィス・ジェンキンスウィル・サットンコーネリアス・ワシントン
OLBジャレッド・アレンラマー・ヒューストンデイヴィド・バース
ILBシェイ・マクレリンメイソン・フォスターディディ・ラティモア
ILBクリスチャン・ジョーンズジョナサン・ボスティックジョナサン・アンダーソン
OLBパーネル・マクフィーサム・アチョウィリー・ヤング
CBティム・ジェニングストレイシー・ポーターシェリック・マクマニス
Sブロック・ヴェリーンエイドリアン・エイモスデモントレ・ハースト
Sアントレル・ロールライアン・マンディシェロッド・マーティン
RCBカイル・フラーアラン・ボールテレンス・ミッチェル

3-4は私初体験ですので、いろいろほほう、と思うところアリ。

DEに入っているサットンですが、今オフ加入のジェンキンスにすでに抜かれています。もうちょっと個人的には頑張って欲しい選手ですが、評価は今のところ低い模様。ワシントンが3-4フロントにアサインされているのはへぇ、と思いましたが、OLBが結構頭数いるのでさもありなん、というところ。

そのOLB、アレンとマクフィーは順当としても、ヒューストンがOLBに入ることでバースが3番手。反対側はアチョの加入でヤングが3番手に押しやられています。この構図だとどうするのかが非常に微妙。ヤングはトレードで手放す可能性もあるのではと思うほどです。昨年のチームのサックリーダーが放出となってしまうのか。ヤングは少し気になる状況。キャラも好きなのでなおさらです。

ILBにかんしてはマクレリンとジョーンズが先発組。なかなか思い切った感じです。まあ個人的にマクレリンをドラフトした瞬間にILB(当時はMLB)で使ったら面白いと思ってましたんで、フィットはしそうな気がします。ちょっと入団からいろいろやらされて大変だろうけどね。ボスティックがジョーンズに抜かれていますし、マクレリンが1番手なのでフォスターが2番手。この4人で固めるのであれば、Depthを含め余りILBは心配なさそう。

Sはマンディを抜いてヴェリーンがロールと並んで先発。ルーキーのエイモスもきっちり2番手に。Sは何気に層が厚くなった印象。

CBはポーターがしっかり2番手を確保。ニッケルをどうするのかがイマイチ見えませんが、先発はいいとしても若干Depthは不安です。

お次はST

Pos.1st String2nd String
Pパット・オドネル
Kロビー・ゴールド
LSトーマス・ギャフォードリック・ロヴァト
Hパット・オドネル
KRマーク・マリアニセノリス・ペリー
PRマーク・マリアニエディー・ローヤル
 
股から投げる人は2人で競争しててギャフォードが一歩リードですが、蹴る人とか、ホールドする人はまあ置いといて、気になるのはリターナー。どうやらここはマリアニが専門の模様。昨年途中加入で結構いいところを見せていたので、順当でしょう。マリアニはWRで4番手以下なので、完全にST専門ですね。ペリーがKR2番手ですが、こいつもカット濃厚な気がするので、KRの2番手はどうするんだろう、というのがちょっと気になるところ。 


3-4に移行したことで、やはりロスターに変化が見られます。ヤングはやっぱり4-3DEなのかなー。徐々にカットも始まるので、注目です。