ベアーズがフォーテイとの再契約をしない発表をしました。
元々再契約の可能性は高くないと思っていましたが、実際にそれが事実となると寂しい限りです。

2008年にドラフトされ、8シーズンで8,602yds、1000ヤード越えのシーズン回。

特筆すべきはそのキャッチ能力。487回4,116ydsというWRでもこんだけ稼げる選手意外に少なかったりするんじゃね?っていうぐらいの数字です。改めて見ると凄いですね。

彼のランはどちらかというとヌルヌルしているというか、パワー系ではなく、その視野を生かした走りにあります。ガツガツ当たるタイプじゃないため、消耗が少ないと思っていて、個人的にはあと4シーズンぐらいいけるんじゃないかと思っています。

ただRBは消耗するというのが定説ですので、若い選手に移行していって、お金は他で使いたいというのがフロントの意思としてあるんじゃなかろうかと思われます。

パスキャッチ、ブロッキング能力も高いですから、オールダウンバックとして重宝されるのは間違いありません。他にいっても活躍すると思われます。正直後悔するぐらいの結果を出すんじゃないかと思うぐらいです。

とはいえペイスGMの考え方も一理あるので、否定はできない。難しい決断と彼自身も言ったように、全体を考えると仕方のない動きと言えるでしょう。

ランフォードはそこそこやってくれましたが、後継者としてフォーテイほど安定した仕事ができるか。昨年はいくつかパスドロップもあり、まだフォーテイほどの安定感は感じられません。しかし今の時点では彼に期待するしかないでしょう。

ここでお金をセーブするので、ジェフリーとの契約延長は確実ですね。あとはタグになるのか長期契約に出来るのか。いい選手ですが怪我も多いので、契約をまとめるのが難しい仕事になりそうな気がします。

いずれにせよ一つの世代交代が起きました。フォーテイには新天地での活躍を期待しています。

ありがとう22番!