ペイスさん、まさかのトレードアップ敢行。
FAで狙ってた選手をとれなかったんでドラフトでは狙った選手を獲りにいった、等と揶揄されてます。

なかなかうまく煙幕張ってましたが、トレードアップしなくてもよかったんじゃね?とは思います。逆にSFのGMリンチうまく引き出しやがったな、と。

あ、ちなみに2nd overallで獲った選手。

Mitchell Trubisky, QB, North Carolina
ミッチェル・トルビスキー

かくいう私もQBの中で1位に置いていた選手です。まさか全体2位で獲るとは思ってなかったけどね。本人ですらびっくりしてたがな。

ちなみにニックネームは「ミスタービスケット」だとか。誰かがミッチ・トルビスキーを聞き間違えてそう聞こえたのが定着したとか。

というわけでMr.ビスケットの ポジティブ、ですが、なんと言ってもコントロールの良さ。私もだいぶNFLを見はじめて長くなってきましたが、コントロールの良さ、という要素はコーチングでなんとかなるもんじゃないと感じてます。ですので、これが無い奴はNFLで大成しない、と信じてます。そういう意味ではその要素を持っているトルビスキーは、成功を予感させるQBということなのです。

キャラも良いんでしょうし、ポケットプレゼンスもなかなか。意外にうまい事足でもヤードを稼ぎます。何ならロジャースにも似てるところがあるかも。

無理矢理ですけどUNCとシカゴといえば、、、そう、伝説のマイケル・ジョーダンです。ターヒールズ出身の超スーパースターがまたも生まれるか。やはり期待をせずには居られません。

しかし番記者、ファンベース、OBまでもやはりネガティブな見方も多く、大半がピックを良く思っていないようです。私もトレードアップしたことはちょっと?ですが、トルビスキーピック自体は好意的です。

今年の出番があるかどうかは分かりませんが、リーグを代表するQBに育ってほしいと願うばかりです。QB当てるだけでかなり今後が違ってきますので、うまく成長してほしいものです。

2日目以降、ピックが減りましたが、何はともあれフィールドで結果を出す選手を集められるかどうかが重要なファクターですから、C評価しているNFLを黙らせる活躍をぜひしてほしいものです。