アウェーでこの内容ならアリ。
CHI 12 - 20 NO

まずロースコアってことはプラン通りってことなはずなので、評価できる範囲。

ツイートもしましたが、下記のやらかしがありました。

フラーのFG時のオフサイド:-4点
バースのFGミス:-3点
ミラーのTD取り消し:-4点

合計11点なので、勝てる試合を落とした計算になります。たらればといえばそれまでですが、アウェーでここまでできてたということなので、悲観するレベルの話じゃないということです。

とはいえQBの差は見せつけられた気はしますね。ジャクソンは反省してましたけど、ギンへのああいうパスを通しちゃうんですから、ブリーズはやっぱり一流です。トルビスキーに関しては今はTOをしないということを植え付けられているんでしょうけど、ここぞという時のプレーは一流どころは必要。やはりまだ差はありますね。ルーキーだからしゃあないし、グレノンの失職の仕方を目の当りにしたら、まあ、そうなるわね。

とはいえここまで怪我が増えててなおこういう結果を残せているのは大きい。試合中にもロングは怪我するわ、白髪も抜けるわで最後シットンがCとかもうジョークでしょ。それでもここまで戦ったことへの評価は個人的に高いです。

ちなみにシットンのスナップ、、、ショットガンの時も白髪より安定してた気がするんですけど、、、。

今回負けよりも響きそうなのはミラーの離脱ですね。こちらもツイートしましたが、私が思ったよりも怪我が深刻そうです。NFLのキャリアがうんぬんより、歩行できるようになるよね?とかそんなレベル。まずは歩行できるような回復することを祈ります。私が見ていたのは足首だったのですが、見返したらやっぱり膝があり得ない角度で曲がっています。あれを覆されるというのもまた信じられないような話ですが、それよりも非常にチームの中でリスペクトの高いミラーがこういう形で離脱するのは悲しいことです。チームがこれに奮起して頑張ってほしいものです。

とにかく今年もけがに悩まされます。それでもこの成績は悲観すべきものじゃないし、むしろまだ可能性を秘めています。まずはBYEウィークをすごし、明けたGB戦で対GBの戦績を五分に戻してもらいましょう。

Bear Down!