もう年々入れる知識の量が減っているにも関わらずレポーターをしている有様で、特にネットの皆様には申し訳ないと思いつつ、今回もレポーターをやらさせていただきました。
今回は箱が非常によく、レポーター的に動きやすい会場でした。今後はもうここ固定でいいんじゃないっすか?っていう気もしました。そして毎回なにかしらオープニングアクトで持ってくるコミッシュの姿勢はさすがです。脱帽。 

コミッシュとあけみさんの芝居が終わった後に一度はやってみたかったLadies & Gentlemen, let’s get ready to rumble~!をかまし、モックドラフトが開始。

前回強引に割り込みすぎた感があったので、今回は控えめをこころがけ、数人のGMコメントをもらったうえでそれを披露する形に。インタビューを流すのは控えめにし、話を聞いてそれを報告するスタイルに。インタビューはいれましたが、あのぐらいが適当だったかなという自己評価。いつも言われるチアとの絡み、今回は女優さんのあけみさんでしたが、控えめにしておりました。自身が控えていたというよりはあけみさんの豊かなバストに引き寄せられた男どもが群がっていたから、というところかもしれません。こんな会においてみずからバストに近づいていくとは愚かなことよ。

酒を入れつつもなかなか冷静にやっておったレポーター役ですが、今回は裏方としてもはや「業者の人」感しかないエトさんとぱいさんに中盤ぐらいでフォーカスを当てさせていただきました。特にぱいさんは終始姿すら見えない状況でしたから、よかったかなと。一応ぱいさんもエトさんも会費はらってるんですけどね、、、

私 「エトさんドリンク持ってきましょうか?」
エトさん 「トイレが怖いんで大丈夫です」
私 「、、、、」

そりゃあけみさんとの絡みも自粛しますよ。 

終盤は酒も手伝って会場のボルテージが上がってきて、やはりだいぶレポーター仕事もやりづらくなります。でもNFLファンが盛り上がっている姿は格別ですね。大変とは思いつつも皆さんが楽しんでいる状況は見ていて笑みがこぼれました。

二次会も顔は出しましたが、前夜祭で運営の方やmentaiさんと話せていたのでサクッと帰宅。

今回は集客もギリギリだったのですが、なんとか最低人数割らなくて良かった。来年以降の集客は果たしてどうすべきか。皆さんの知恵を借りたいところです。

肝心のシカゴのピックはこちらをご覧ください。→熊GM y.kuwataさんの振り返り

十分にあり得るシナリオです。私個人はエドマンズには入れ込んでいませんが、LBはニーズではあると思うので、可能性は高いでしょう。結果的に落ちてこなかったけどDerwin Jamesいいなぁ。あと個人的にDJ MooreはWRの中では魅力的です。顔的に下に置いたけどw。

ドラフトは今週本番。要チェックや!