初年度のHCにプレーオフを期待していなかったので、少し戸惑いがあったりする月曜の夜。
CHI 24 - 17 GB

それにしても久々にGBに勝ちました。向こうはベストの状態じゃ無いんでしょうけど、プロの世界でそんな言い訳は通用しません。結果としてクマが勝った。GBに勝った。そしてプレーオフ進出を決めた。結果が全てです。

内容としてはスコア以上に熊が押していたかなというのが印象です。終始プレッシャーをかけていましたし、マックアタックがまあ凄まじかった。反対側のフロイドもここのところ上向いてきてますんで、サックも決めていい活躍っぷりを見せていました。ジャクソンは怪我をしてしまいましたが、ロジャースのINTなし記録を止めたので、役者っぷりを見せつけました。

オフェンスも締めるところで締めてうまく得点を重ね、結果ハワード、コーエン、バートンがTDを要所で決めた形。

結果地元のファンで埋め尽くされたスタジアムでGBを倒してプレーオフ進出という、これ以上ないシチュエーション。ずっとプレーオフがお預け状態だったので、感慨深いです。

ルーキーHCが二桁勝利は通称パパベアー、ジョージ・ハラス以来だそうで。なんかムッチャ偉大なコーチみたいになっちゃってる。

とはいえ雰囲気づくりも含めて、大きな成功を導き出した人と言っても過言ではない。ネギーの功績とともに、他のコーチ陣、そして実際にプレーしている選手たちも褒めてあげたい久々の地区優勝とプレーオフ進出です。

あと2週も残ってるのにいいのかな、こんなんで。むずがゆい感覚。