昨日はほぼ一日鹿島で過ごしてすっかりプレビューもこんなタイミングに。
DENは言わずもがな熊の前DCであるヴィック・ファンジオがHCに就任。Wk1はレイダースに敗退したものの、ミラー率いるディフェンスをファンジオ爺がどのようにプロデュースしているか。
正直なところミラー、チャブ、クリス・ハリス以外は知らないので、なんとも言えません。1戦目を見る時間もありませんでした。

ちなみにこれ以外ではブライス・キャラハンを知っていて、彼は元熊ということもありファンジオオフェンスを知っている選手ということで拾われて先発と言ったところでしょうか。層の厚いDB陣においてはチャンスがなかなかなかった割にいい選手だとは思っていたので、DENで先発しているようで何より。

オフェンスはというと数年前に2016年のドラフトで1巡指名されたリンチを思い出しますが、2年という短いDENでのキャリア。2018年はFAで2019年も職なし状態。あまり言われてない気もしますが、なかなかのバストっぷり。顔ランキングでも低評価でしたので、そこは当たる形になりました。

代わりに先発を務めるのが元カラスのジョー・フラッコ。腐ってもSBリング持ってる選手ですし、強肩は健在。ラン中心に行きそうなDENはフィリップ・リンジーとロイス・フリーマンのダブルパンチ。こちらも正直知らないとしか言えませんが、こちらを中心に組み立ててきそうです。

熊側オフェンスはとにかく先週のみすぼらしいパフォーマンスの改善が生命線。こちらも空中戦よりもランを少し多めに出してバランスを図ってくるものと思われます。モンゴメリーを中心に地上戦で優位に持ち込んで優位に進めたい。

あとはスカスカだった高給取りOL軍団。こちらの奮起がないとミッチーも仕事ができません。武器が多いんだからそこをしっかりしてもらいましょう。くだらないペナルティを貰わないように。

ディフェンスは心配してません。ファンジオ爺に離れたことを後悔するぐらいのパフォーマンスを今週も見せてくれるでしょう。

1週目負け同士の対決ということで、ここで連敗するとあとが無くなってくるので、両方とも勝利をもぎ取りたい一戦。木曜に試合したベアーズと月曜にしたブロンコスとではスケジュール的にはもちろんCHI有利。DENはホームの開幕戦ということで優位に立ちたいが、条件的には互角か、時間のあった熊有利というところ。

暑い天気が予想されているようで、高度が高く、暑さもあり、どちらに優位に働くか。

とにかく明日は恩返しとしてサック、FF、INT/Pick6祭りでもお願いしたいところです。

Bear Down!