CHI 17 - 13 NYG


前半17-0で折り返しておきながら、後半は無得点で危うく負けもありそうな展開まで持っていかれた。

ツイートもしたが、残り5分弱、17-13でリードしている中、なんとしても追加点で離したいドライブで、イフェディのチョップブロックで15yd罰退。そこから1st&25でランのチョイスは正しいと思った。直前うまく走れていたモンゴメリーに渡して23yd持っていき、2nd&2。このショートヤーデージのシチュエーションでリスク回避のマインドだったのか、素直にモンゴメリーに渡して1ydゲイン、その後3rdダウンではパスをブロックされ、4thダウンのギャンブルではマシーが奇跡的に取ってくれてダウン更新したものの、その後はラン3連発(ただし最後のはパスからのスクランブル)でFG失敗。

追加点をとるのに失敗したこのドライブではプレーコールのチョイスがやはり気になった。時計を進めるという作戦なのはわかるが、それならわざわざ微妙な距離のFGではなく、パントで押し戻すでもよかった。まあ試合前のウォームアップで50ydは行ける距離だっていうことで合意はあったんだろうけども。

しかし気になったのはモンゴメリーが23ydゲインした後のランの選択。ここでランを見せまくっていたのだから、プレーアクション一発でTD一閃という想像をしたが、コンサバにランを選択。仮に失敗してもパスを見せた後の2ydならランもしやすい展開になっていたはず。FGトライをしたあたりも、時計を使いたかったのか、追加点をとりたかったのか、チグハグなドライブになった。

ともかく最後はなんとか凌いだが、プレーメーカーのバークリーも不幸なACL断裂で抜けてしまい、もうちょっと楽に勝てる展開だっただけに、いまいち納得感の低い内容だった。先週同様価値を拾ったことは評価できるんだけれども。

これから強い相手との対戦になった時にこうした選択が命取りになりかねないので、ネギーさんの判断力はもうちょっと磨いて欲しいもの。

とはいえパスを選択したときのミッチーは今日はなかなかよかった。先週活躍の17番はお調子者だからどうも調子の波がある感じ。12番も今日は絶好調とは言い難い出来。それでもターゲットを散らしてうまく試合を運んでいた。オムツマンとのコネクションはこれからも楽しみ。5巡目で準先発級の扱いなので、だいぶ評価が高いんでしょう。スピードは銀さんまかせかと思いきやムーニーがいるおかげで必要ないかもね。

新戦力もうまく生かしつつ、シーズンのなかで成長していって欲しいもの。ランにコミットしているのは後半に生きてくるはず。2連敗中のATLだと相手の気合も十分にありそうだし、アウェーだし、厳しい戦いになりそう。ここで3連勝できてくるとシーズンのスタートとしては最高のものなので、ぜひ価値をもぎ取りたい。

Bear Down!