BEAR DOWN! Chicago Bears

NFLシカゴベアーズを応援するブログサイトです。

2010 試合結果

Week 10 MIN戦結果

CHI 27-13 MIN

スコア的にも内容的にも完勝。ただしオフェンスは及第点。STとディフェンスの良さが光った試合でした。ソルジャーフィールドのターフにも助けられましたね。ピーターソンのランを抑えたのは大きかったですね。

しかしカトラーの肩に頼ったあの投げ方はやはり危険が伴うな、、、。Red ZoneのINTだけは頼むからヤメレ。

次の試合は木曜日。@MIAで厳しい試合になりそうです。今日の試合は余り強さを測れない気がしますが、MINのWRライス、ベリアンがいないので助かった点はありますね。

ヘスターがキックオフ、パントともリターンしてましたが、そこで大きく稼いでました。少し痛んでましたんで気になりますが、恐らく欠場になるほどではないでしょう。

今日は安心して見られる試合でした。CAR戦以来じゃないかな、ここまで安心して見れたの。

怪我が少なく3phaseで安定感があります。オフェンスはまだ改善の余地がありまくりですが、MINのDLに仕事させてなかったのは褒めるべきでしょう。改善のメインはカトラーですね。INTは本当に減らせ。

ここから2試合@MIAとPHIになりますが、まずはMIAをアウェーで下したいですね。

Week 9 BUF戦感想

勝つには勝ちました。プレーオフの望みもつないだと言っていいでしょう。ただまだ納得できるレベルかというといま一つです。

  • カトラーのパスに関しては足で時間を稼いで決めたパスが多く、デザインされて決めたものとは言い難いです。いまだにタイミング重視のマーツオフェンスに慣れてない感は否めません。
  • ランに関しても平均ではかなり許しているビルズに対してなのでもっと出してほしかった。OLに関しての問題がやはりまだ残っています。まあ、今日の勝利は多少の自信にはなったでしょうが。
  • ちなみになんとかフォーテイがラン49ヤードでカトラーを越しました。余りにも走れてなかったのでカトラーがトップラッシャーになるかと思いました。
  • STでTwistがありました。リンデルがキャリア初のPATミス。ゴールドも42ヤードのFGをミス。微妙に流れを変える形になりました。
  • ランディフェンスは46ヤードと好調を維持。しかしながらパスはFitzにサクサク通された印象が強く、294ヤード献上。パスプロの良さを見せつけられましたが、パスディフェンスのザルさ加減も露呈した感じ。
  • パスラッシュに関してはここのところペッパーズが余り強い印象を見せていません。シーズン後半もうちょっと頑張ってくれないと困ります。まあ地味に存在感があると言えばありますけどね。やっぱりサックが見たいっす。
  • 3rdダウン、Red Zoneオフェンスに関しては改善できていたと思いますが、まだオフェンスは迷いがあるというか、マーツオフェンスを50%ぐらいしか実現できていないのではと思います。
  • ランとパスの割合はこの試合はバランスが良かったです。正直このぐらいのバランスがいいでしょう。フォーテイとテイラーを二人同時に入れるという話もありましたが、余り29番と22番を同時に見た記憶はありません。
  • 殊勲賞はジェニングスですね。INTもありましたし、タックルもきっちり決めてました。タックラーとして仕事をすると評価される傾向にあるので、先発に定着しそうです。
  • ちなみにカトラーはディフェンスについていければ何とか勝てる、みたいなコメントしてます。本音でしょうね。オフェンスの成熟度合いが余りにも低い。

今後の課題はやはりまだオフェンスでしょう。パスディフェンスも少し改善が必要ですが、ウチのCB陣では仕方のないレベルかもしれません。それにしてもFitzが今日は落ち着いていました。日々成長しているんじゃないでしょうかね。

かなりフラグも少なかったし、審判も良かった試合でした。まあきわどいプレーがないレベルの低い試合だったという置き換えもできるのかもしれませんけどね。

ビルズに関してですが、0-7という記録はあったものの、見ていてかなり良いチームだと思いました。WRジョンソン(それにしてもアンドレ、カルヴィン他WRにジョンソン多くないか?)のこと全く知りませんでしたが、かなり活躍されちゃいました。良い選手ですね。145ヤードって少しあげすぎですけどね。

Fitzは落ち着いててよかったのですが、びるずだいなすてぃさんが仰っていたように、勝負強さに欠けているという点は納得できる感じでした。フランチャイズQBがいるチームだったらボコボコにされてたかもしれません。

ディフェンスに関しては攻め手を欠いたところで何とか攻撃できていた印象が強いので、これでLBメリマンが加わると意外と勝ち星をあげてきそうな気がします。熊軍団はCARとも対戦してましたが、CAR戦の時にあった安心感は皆無でした。本気で負けると思った瞬間もありましたんでね。

何度も言いますがここまで大きな怪我がないのは非常にいい。今年の熊さんは健康です。これは本当に大きいよ。特に後半戦Depthの厚さは大きく影響してくると思いますけどね。

来週はホームでMINと対戦。それにしても北地区の試合、来週ホームでやったらあとはアウェーしか残らないのか、、、。キツイな。ここから先はMIN、@MIA、PHI、@DET、NE、@MIN、NYJ、@GBというスケジュール。

10勝をプレーオフラインに置くとして、このスケジュール5-3は結構きついかなぁ。

Week 9 BUF戦結果

CHI 22-19 BUF

何とか勝った、、、。

ジェニングスのINTが恐らくタイミングとして一番効果的なプレーでした。イドニジェも母国で大活躍。

BUFは記録ほど弱いチームではありませんが、勝負強さという点では今一歩というところでした。でもメリマンが機能すれば結構ここから勝てるチームになってきたりするんじゃないかな?

細かい話はまた後ほど。寝ます。

Week 7 WAS戦結果(後半)

CHI 14-17 WAS

後半戦見るのが憂鬱だったのですが、意外と楽しめました。負けた割には絶望的な感じにならなかったのが原因。

  • 原因ははっきりしていて、後半は完全にカトラーとWRの責任。こんだけTOがなければ全く問題なく勝てた試合。単なる自爆です。
  • オフェンス陣の問題を挙げたら多いんだけど、Red Zoneのミスをなんとかしてくれよ。Red Zoneに入ったら1stダウンでFGにしてほしいってぐらい頼りなさすぎ。
  • 若いWR陣。ミスもあるけどブロックとかきっちりこなしているし、あと一歩のところまで来ている。そろそろ今までの問題ってなんだっけ?ってぐらいの爆発力が出てくるんじゃないかという希望はある。
  • OLは後半格段によくなっていて、WASが単に疲れたのか分からないけど、いくつかいいプレーも見せてたし、調整できているんでしょう。思ったより悲観する必要がなくなってきたのではと感じ始めた。
  • DJムーアの成長著しい。ラビーさんが1on1でコーチングしてる成果もあるんでしょうが、それに見事にこたえてます。
  • ディフェンスもかなり安定感はあった。トレインに走られてはいたけど、要所で止めてた。まあ、WASも3rdダウンに苦労しているチームなので、武器の少なさを考えたら止めれて当然なのかもしれないけどね。
良いときにByeになりました。結果わかんなくて見てたらかなりイライラしたゲームだったろうけど、結果わかってみる分には意外と悪くなかった。そりゃあんだけボールあげたら勝てるだろっつの。その割に3点差なんてWASも頑張れよといいたくなります。

勝ててないのはちぐはぐさの問題。これはもう運の要素もあるというか、流れをつかみ損ねたっていうところも多い。

これから何がものを言うかって怪我。

ベアーズは開幕以降IRに入ったのはLBヒレンマイヤーのみ。とはいえHHは控えであり、主力は揃ってる。SライトもBye後には恐らく復帰。ガルザも復帰するでしょう。ブリグスも2週間休めれば戻ってこれると思います。

それに比べてライバルのGBのIR入りは7人で主力級も多く、これは後半に入って相当響いてくるはず。

地区内でまだ負けていないのは大きいし、地区内の試合を抑えられればプレーオフの可能性は秘めているチーム力なのは間違いない。OLを見る限りトンネルの出口が見えた感があるので、Bye空けのBUF戦をきっちり勝って、地道にプレーオフを狙いたい。


Week 7 WAS戦結果(前半)

今週も睡眠優先で生で見るのを避けました。情報は遮断しなかったのですが、しようとしたところで、スキンズファンの同僚が「負けて残念だったねー」メールを送りやがったので、遮断しようとしても無理でしたね。ロゴ付きでムカつくメールでした。

で、見始めたものの負けたとわかってる試合、全部見る気が起きず、まずは前半戦のみ。

もう希望もへったくれもないのか、得点した最後のドライブもOLは機能してませんでした。クイックパスなんだから機能もなにもあったもんじゃない。

Q1なんか獲得ヤードマイナスですよ?ふざけてんのかと。

前半しか見てませんが、そろそろウィリアムスはBustの烙印を用意できますな。ここ3年の1巡目はカトラーとウィリアムスの2人なんだけど、この二人が使えないんじゃどうしようもない。

前半時点で気付いたこと。

  • メルトンがDEでもスナップこなしてた。ペッパーズはもちろんのこと、トエイナ、イドニジェも含めDLは意外と安定感ある。
  • Q1はマイナスヤードだったのに得点があったのはディフェンスのおかげ。ディフェンスは結構機能してますよ。オフェンスがだらしないので頑張ってあげるしかないけど、あんな調子だとやる気も起こらなくなってくるんじゃないかという気がせんでもない。
  • 今年はD.J.ムーアがブレークしてるね。Pick6もありでキャリア初のTD。
  • ランがまたしても出てなかった。ランプレーでも余りにも何事も起きず、6ヤードのランで拍手が出る始末。失笑しちゃうよ。
  • 3rd&1すらコンバートできないオフェンスって何なんですか。
  • 最近契約したDEバリー・ターナーも出場してた。
  • トミー君は相変わらず補欠扱いでトエイナが先発。来年は多分いないね。
  • この時点でホールがまだINT記録してないんですけど。ってことは後半4つ記録したのか、、、。
後半に4つINTがあると思うと見る気が起きるのかな、、、。

後半戦のレビューはあす以降。
LTDのつぶやき
ようこそBDCB!へ。




にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ

2018スケジュール
成績 10勝4敗
Wk1 @GB L 23-24
Wk2 vs. SEA W 24-17
Wk3 @ARI W 16-14
Wk4 vs.TB W 48-10
Wk5 BYE
Wk6 @MIA L 28-31
Wk7 vs.NE L 31-38
Wk8 vs.NYJ W24-10
Wk9 @BUFW 41-9
Wk10 vs.DET W 34-22
Wk11 vs.MIN W 25-20
Wk12 @DET W 23-16
Wk13 @NYG L 27-30
Wk14 vs.LARW 15-6
Wk15 vs.GB W 24-17
Wk16 @SF
Wk17 @MIN
ファンブログRSS
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
Bears Fight Song

Fight Song Lyrics
Bear Down, Chicago Bears
Make every play
clear the way to victory
Bear Down, Chicago Bears
Put up a fight with a might
so fearlessly
We'll never forget the way
you thrilled the nation
With your T-formation
Bear Down, Chicago Bears
and let them know
why you're wearing the crown
You are the pride
and joy of Illinois
Chicago Bears, Bear Down!
記事検索